秋篠宮家の長女・眞子さんの結婚で独身の女性皇族は5人になった。今と未来の皇室をお支えになる一員でありながら彼女たちも一般人と結婚されれば
皇族の身分を離れることに……。揺れるお立場にあるプリンセスたちの華麗なるプロフィール【未婚女性皇族ワイド・彬子さま編】。

 三笠宮寛仁さまと信子さまの間にお生まれになった長女・彬子さま。寛仁さまが亡くなって10年を迎えた今年6月、『ひげの殿下日記』(小学館)を監修・出版された。

亡き父の思いに応えられて

「父の遺志を継ぎ、三笠宮家を継承するという覚悟が感じられます。学者肌で積極的。とにかく行動的という印象です」(象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院の河西秀哉准教授)

 学習院大学卒業後、イギリスの『オックスフォード大学』に6年間留学した彬子さまは、女性皇族としては初めて博士号を取得。'12年には、“本物の日本文化にふれる機会を提供したい”との思いで『心游舎』という一般社団法人を設立された。

「寛仁さまの公務を引き継ぎ、'13年に『日本・トルコ協会』、今年3月には『日英協会』の総裁に就任されました。複数の総裁職を担うだけでなく、日本美術史の研究を続け、多岐にわたる活動に取り組まれています」(皇室ジャーナリスト)

 前出の本の中で、寛仁さまは娘たちのことを《素敵なのは、三十六~三十八歳も年齢差のある二人の娘が、父親の仕事を理解して、極く当たり前の顔をして永年に亘って協力を惜しまないこと》と綴られており、それに応えるように激務をこなされている。