秋篠宮家の長女・眞子さんの結婚で独身の女性皇族は5人になった。今と未来の皇室をお支えになる一員でありながら彼女たちも一般人と結婚されれば皇族の身分を離れることに……。揺れるお立場にあるプリンセスたちの華麗なるプロフィール【未婚女性皇族ワイド・三笠宮家・瑤子さま編】。

 彬子さまの妹である瑶子さまは、小学5年生から始められた剣道が五段の腕前。一方、20代から低い音や高い音の一部が聞き取れない『感音性難聴』を患っておられる。
昨年12月には、“声と音のバリアフリー”を目指すNPO法人『日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会』の名誉総裁に就任された。

『日本赤十字社』の職員として常勤も

 同協会で理事長を務める中石真一路さんは、こう語る。

「'18年より私的なご視察として、全国の医療機関や介護施設など、高齢者や難聴者による対話に課題がある現場へご一緒しております。そこで当事者の声に真摯に耳を傾けられ、質問や対策について積極的に意見してくださいます」

 名誉総裁として初の公務は、今年3月の講演会。ご自身の難聴について、近くで護衛にあたるSPと会話がかみ合わず「まぁ、いいや」と意思の疎通を諦めることがあるなどと率直に語られた。

「瑶子さまには、周囲へのご配慮とお優しさ、さらにユーモアを強く感じます。
重度の障がいがありながら教員を目指していた1人の女性に寄り添い、彼女が教員となるまでサポートされたことがありました。障がいがあるゆえにチャレンジできない環境を改善していきたいとのお考えです」
(中石理事長)

 成年会見では「父が力を入れている障がい者福祉のお手伝いが主にできれば」と述べ、'06年から'12年にかけて『日本赤十字社』で常勤の職員として勤務されていた。