「もしも、あの人とそんな仲になれるのなら」そんな“妄想”を声に出していただく今企画。もはや殿堂入りともいえる人から意外!?な人がランクイン。「高嶺の花」か「嫌い嫌いも好きのうち」なのか……。あなたの推しは誰ですか?

前回2位から1位の座に

 2年ぶりとなる、週刊女性恒例の「抱かれたい男」ランキング!

 今回は、20代から50代の女性2000人を対象に、「抱かれたい」と思う男性芸能人、「癒されたい」と思う男性芸能人、「抱かれたくない」と思う男性芸能人の3部門を調査。

 はたして、どんな男性芸能人が女性たちのハートを射抜いているのか!?

 女性読者の赤裸々な意見&本音とともに、ドラマウォッチャーでコラムニストの吉田潮さんの分析を交え深掘りします!

◆   ◆   ◆

 セクシーだと思う、色気がある、カラダが好き……そんな魅力を感じる男性芸能人は誰ですか?と尋ねた「抱かれたい男」ランキング。その栄えある第1位に輝いたのは、

「色気があって背も高くてカッコいい」(49歳・北海道)、「エロボイスがたまらない」(35歳・広島県)、「とにかくセクシーなところ」(36歳・宮崎県)

 といった声を集めた斎藤工(40)。2年前のランキングでは2位だっただけに、1位の座を奪い取った格好だ。

斎藤工

「やはり、'14年放送の『昼顔』効果が健在なのでしょう」とは、コラムニストの吉田潮さん。

セクシーといえば斎藤工というイメージが定着しているんだろうなと。

 
アンケート調査をしていた時期、主演を務めたドラマ『ヒヤマケンタロウの妊娠』の配信がNetflixで始まっていた。

 男性が妊娠してしまうというストーリーなので、セクシーさとは縁のないドラマですが、それでも1位になってしまうのは、『昼顔』の効果が大きいことを物語っている」(吉田さん)

 また、話題の映画『シン・ウルトラマン』でも主演。露出度と話題性の相乗効果もあるのだろう。

 そして、次点は、“おディーン様”ことディーン・フジオカ(41)だ。

ディーン・フジオカ

「大人の色気があってカッコいい」(25歳・広島県)、「とにかく美しい」(42歳・愛知県)、「ミステリアスな感じが好き」(31歳・岐阜県)、「顔!」(24歳・滋賀県)

 といった意見が寄せられたように、色気、イケメン、知的などなど非の打ちどころがない“パーフェクト超人”っぷりが人気を集めた。

「“おディーン様”は、欲情させるような役を演じてきているわけでもなければ、昨今は子どもがいるお父さんの設定という役も少なくない。

 しかも、身体の露出も少ない。にもかかわらず2位にランクインするあたり、イケメンは正義ということでしょうね」(吉田さん)

 ディーン・フジオカに負けず劣らずの“顔面国宝級”・佐藤健(33)が3位という結果に鑑みても、「カッコいいから抱かれたい」と考える女性は少なくないもよう。その理由も、「イケメンだから」(28歳・静岡県)、「カッコいいから」(41歳・兵庫県)、「顔が好き」(50歳・大阪府)というようにストレート。

「映画『るろうに剣心』ではアクションを、'20年放送の『恋はつづくよどこまでも』では超ドSなエリート医師をというように、役の幅も広く、何でもこなせるというあたりが、幅広い支持層につながっているのでは」(吉田さん)

 佐藤健は、前回の「抱かれたい」王者。結果的に、首位から陥落こそしたが、世代を超えて「カッコいい」と評価されるあたりはさすが。

 そういう意味では、4位・竹野内豊(51)、5位・木村拓哉(49)、6位・福山雅治(53)といった“抱かれたい常連たち”の盤石さも見逃せない。「もはや殿堂入りにしたほうがいい」と、吉田さんは指摘する。

「抱かれたい」のアンケートでは必ずといっていいほどランクインする竹野内豊と木村拓哉

「あなたが選ぶクリスマスソングは?と聞かれて、山下達郎を挙げるのと同じですよね。『抱かれたい男ランキング』における木村拓哉や福山雅治は、定番のような存在」(吉田さん)

田中圭が演じた『おっさんずラブ』の役にキュン死した人も多いのでは

 一方、年代別で見ると、20代の票を最も集めたのが、田中圭(37)という意外(!?)な結果も。

 これには吉田さんも、「若い世代は、'19年の『あなたの番です』をよく見ていたというから、その影響なのかも。でも、彼も最近は父親の役を演じていたりするからセクシーが先行している感じはしない」と首をひねる。

「今回の抱かれたい男ランキングは票差もあまりないし、“特にいない”という回答も目立っていた。

 “抱かれたい”ということに対する女性の感覚が、曲がり角を迎えているのかもしれない。受け取り方が、人それぞれという印象を受けます」(吉田さん)