ロッテの板ガム『クイッククエンチ-Cガム』が、夏秋の期間限定で8月23日から復刻発売される。1978年に登場した同商品はこれまでにも何度か復刻されてきたが、当時のファンのみならず、若い層からも「レトロな感じが逆に新鮮」と人気を集めている。7月15日からは全国のLOFTで『ブルーベリーガム』『梅ガム』とともに先行発売されることも決定した。

ロッテの板ガム『クイッククエンチ-Cガム』などが期間限定で復刻される

お菓子でも「昭和・平成レトロ」ブーム

「昭和のお菓子が今のZ世代の人たちにも愛されるというのは本当にすごいことですよね。味がおいしいのはもちろんですが、パッケージデザインや手に取ったときの感覚など、どこかで懐かしさを感じて惹かれてしまうというのは、『クイッククエンチ-Cガム』だけでなく、いろんな昭和のお菓子にも共通する“懐かしお菓子”の魅力ですね」

 そう語るのは、お菓子勉強家の松林千宏さん。そこで今回は、昭和から令和の時代を彩ってきた懐かしのお菓子について振り返ってもらった。

「懐かしお菓子と聞いてまず思い出すのは、森永製菓の『ぬ~ぼ~』ですね。エアインチョコレートという、空気を含んだ軽いチョコレートをモナカで包んだ画期的な商品です。商品名の響きや、ゆるキャラのようなオリジナルキャラクターも相まってやさしいイメージがあり、特別な魅力を覚えましたね」(松林さん、以下同)

森永製菓『ぬ~ぼ~』(C)NOOBOW PRODUCTIONS.

 子どもたちにとって、チョコレートはいつの時代も人気のお菓子。もうひとつ、松林さんが子ども心をつかまれたチョコは『ハイクラウンチョコレート』だという。

外国のタバコのような高級感のあるパッケージで、上質な原料を用いて洗練された風味のチョコレート自体も、外見に劣らずハイクラス。

 個包装の銀紙から取り出して、パキッと割って食べられる独特の形状も懐かしく、“西洋のお菓子を日本でも”と創業した森永製菓の心意気を感じる傑作だと思います。“はーい、ハイクラウンチョコレート”というテレビCMを覚えている人も多いのでは」

高級感のあるパッケージの森永製菓『ハイクラウンチョコレート』

 同じく、高級感のあるイメージで世間を驚かせたのがロッテのガム『イブ』

「黄金に輝くパッケージを開くと、バラとも金木犀ともいえない花の香りがフワッと漂う“香水ガム”です。今では粒状のガムが主流になりつつありますが、当時は板ガムがほとんどで『イブ』ももちろん板状です。ただし、花の香りのなかにミントの清涼感がある味わいはとても個性的。これを持っているとオシャレという感じもありましたね」

ロッテの香水ガム『イブ』