「一見、変人のように見える役かもしれないですが、自分としては、そういうアプローチをするつもりはなくて」

 7月16日スタートのドラマ『初恋の悪魔』に鹿浜鈴之介役で主演する林遣都。脚本の坂元裕二が当て書きしたというこの役について、こう語る。

当て書きだが、共通点探すのは難しい

林遣都 撮影/山田智絵

 元県警捜査一課刑事だが今は境川署刑事課所属、しかも大きなヘマをして現在停職処分中の鈴之介。

 15歳から家にひきこもり、ミステリー小説を読みあさっていたという人物で、その結果、古今東西の凶悪犯罪オタクになった。

 たしかに、プロフィールからはかなり変わり者に見えるが……。

「鈴之介は人とコミュニケーションをとることが得意ではなくて。本や映画など現実世界と離れたところに惹かれるものが多く、それを心の拠り所としてきた人。

 変わっているというより、とても素直に生きてきたんだと思います。好きなものと純粋に向き合ってきた結果、どういう人間になったのかということを常に考えています」

 当て書きなので、林遣都=鈴之介なのかと思いきや、「自分との共通点を探すのは難しいです」と苦笑。

「鈴之介は虚構の世界にハマって生きていますが、自分は真逆で。『スター・ウォーズ』のようなSFやファンタジーなど、現実離れした映画や本は好きなのですが、見ている間だけその作品に没入して楽しんでいるので。その時間だけ別の世界に連れていってくれて、難しいことを考えずに見られるものが好きなのかもしれないです」

 と言いつつ、「周りから見る林遣都の印象とは違う、新たな側面を描いてもらっている気がします」とも。

「鈴之介は人と違ったことをやりたがるのですが、自分にもそういう面があるのかもしれないと感じながら演じています」