「プロ意識が欠如しているとしか思えませんよ……」

 7月上旬、舞台関係者はある1人の男に頭を悩ませていた─。

 遡ること2週間。6月26日、国立代々木競技場・第一体育館は大きな盛り上がりを見せていた。

「漫画やアニメ、ゲームなどの世界を実写キャストが演じる“2・5次元”作品として絶大な人気を誇る、ミュージカル『刀剣乱舞』、通称“刀ミュ”の大型公演『真剣乱舞祭2022』が、大千穐楽を迎えました。原作は、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を育成するシミュレーションゲーム。'18年には“刀ミュ”のキャストが『第69回NHK紅白歌合戦』に出場したことでも大きな話題となりました」(演劇雑誌ライター)

 観客を巻き込んだ“祭り”の公演は大成功に終わったが、その約1週間後、ある異変が起こっていた。

「『刀剣乱舞』で“明石国行”役を演じている俳優の仲田博喜さんが、7月4日、体調不良を理由に、出演予定だった7月9日・10日公演の朗読劇『星降る街』と7月16日から24日にかけての舞台『パレード』の降板を発表しました」(同・演劇雑誌ライター)

ミュージカル『刀剣乱舞』の公式サイトより

セリフを「覚えられません」と出演辞退

 仲田は'13年2月、第1回『美ジネスマン&美ジネスウーマンコンテスト』ファイナリスト進出をきっかけに、オスカープロモーションに所属。'17年には同事務所初となる男性エンターテインメント集団『男劇団 青山表参道X』のメンバーとなり舞台を中心に活動していたが、今年3月1日、9年間所属したオスカープロモーションを退所し、フリーとして活動を始めた。彼の身に、いったい何が起こったというのか。

実はここだけの話、体調不良とは別の降板理由があるんですよ……

 冒頭の舞台関係者が口にしたのは、驚きの事実だった。

仲田さんは『刀剣』の公演を終えた後、『パレード』の稽古に合流した際に、事前に渡されていたにもかかわらず、初めて台本を開いたようで、セリフの量が多いことに驚愕。その後、製作陣に“覚えられません”と出演辞退を申し出たんです。公演直前ということもあり話し合いの場を設けたところ、一度は辞退を撤回したそうなんですが、再び稽古に参加した後に“やっぱり無理です”と降板の意を示したと聞きます」(舞台関係者、以下同)