超人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン・33)の顔をテレビ画面で見ない日はない。やたらとCMに出ているからだ。

「出前館」「ライフネット生命」「ソフトバンク」「アサヒビール『スーパードライ』」。YouTubeを見る習慣のない人でもHIKAKINのことは知っているだろう。

YouTuberがCM界に進出、企業側の“思惑”

 CMに出演中のYouTuberはHIKAKINに限らない。はじめしゃちょー(29)はHIKAKINと「出前館」のCMで共演しているほか、「Yogibo(ヨギボー)」「富士急ハイランド」のCMにも出ている。

 ヒカル(31)が率いる9人組YouTuberのNextStageはゲーム「ラグナドール 妖しき皇帝と終焉の夜叉姫」のCMに出演。竹脇まりな(32)はauのCMで松田翔太(36)と桐谷健太(42)、濱田岳(34)が演じる三太郎を相手にエクササイズを指導している。竹脇のYouTubeでのウリもエクササイズだ。

 どうして人気YouTuberたちは次々とCMに起用されるのか? CM事情に詳しい芸能プロダクション代表に聞いたところ、「どれくらいの人たちに関心を持たれている人物なのかが分かるから」と解説してくれた。

 例えばHIKAKINのチャンネル登録者数は約1080万人で登録者数ランキングでは国内3位。HIKAKINがこれだけの人に興味を持たれているのが分かる。

 漠然と「人気がある」とか「好感度が高い」などと言われている人たちとは違う。YouTuberは世間の認知度や人気が登録者数によって目に見えるのである。

 だから、企業としては起用しやすい。「CMに起用してみたら、思ったほど知名度がない人物だった」といったミスマッチが起こらない。

 ちなみに、はじめしゃちょーのチャンネルの登録者数は約1020万人。芸能人で断トツの登録者数を誇る米津玄師(31)ですら約629万人だから半端じゃない人数だ。ヒカルは約476万人。竹脇は約328万人以上。企業は惹かれるはずである。