オミクロン株の新たな派生系統「BA.5」が、日本に第7波を運んできた。8月初旬にも「BA.2」系統から完全に置き換わる見通しだという。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 新型コロナ新規感染者数はこの2週間で激増、7月14日には4カ月ぶりに1日あたり5万人を上回った(厚労省)。東京都でも、7月12日に4カ月ぶりの1万人を超え、警戒レベルが「最も深刻」へと引き上げられた。

「オミクロンにかかった人でもまたかかる」「ワクチンが効かない」と言われるBA.5を相手に、私たちはどう対抗したらいいのだろう。

「前にかかった人」も「打った人」も感染する

 医療現場に再び緊張感が戻ってきた。私のクリニックでも陽性率が50%を上回る日もある。

 愕然とするのは、追加接種まできちんと打った人たちからも、陽性者が続々と出てくることだ。

 再感染もある。デルタ株やそれ以前の株のみならず、オミクロン株の初期系統「BA.1」や派生系統「BA.2」からの回復者でも、BA.5に感染するケースが後を絶たない。

 BA.5は「免疫逃避」が起きやすい、というのは本当らしい。

 免疫逃避とは、過去の感染やワクチン接種によって獲得した「中和抗体」の攻撃を、ウイルスが実質的にかわしてしまうことだ。つまりBA.5は、過去の感染やワクチンによって得た免疫の“顔認証システム”をすり抜ける術を、より発達させているようだ。