7日28日22時、Prime Videoによる婚活リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2の最終回が配信される。

「'17年から配信された『バチェラー・ジャパン』の男女逆転版で、女性が男性を選ぶ設定だからか、共感しやすかったです。バチェロレッテが愛の言葉をちゃんと言ってくれる男性を選ぶのもわかります。女性は“言葉”が欲しいんです」

 そう語ったのは『バチェラー・ジャパン』シーズン4に参加した秋倉諒子さん(31)。秋倉さんは最終的にバチェラーの黄皓さん(35)と結ばれた。Instagramのフォロワーは26万人を超え、番組参加者の中でも高い人気を得ている。

バチェロレッテ2の最終回の見どころ

『バチェロレッテ・ジャパン』は独身女性が主役で17名の男性候補者から結婚相手を選ぶというストーリー。個性的な男性陣の中で秋倉さんが注目している“推しメン”は――。

会社経営者の早瀬恭さん(38)。番組公式ホームページで上がっていた紹介動画を見ていいなと思っていました。初回のローズセレモニーで話す機会がなく帰られてしまったんですが(苦笑)。あとはやはり長谷川恵一さん(37)ですね。背も高く、雰囲気がかっこいいなと思いました」(秋倉さん、以下同)

 早瀬恭さんは番組開始前からTwitterで#チーム早瀬とハッシュタグができるほど人気だった。それにも関わらず、出演シーン自体もあまりなく初回で去った。ネット上では“次回のバチェラー候補なのでは”との噂が上がっている。

会社経営者の早瀬恭さん(Amazonプライム公式YouTubeから)

 秋倉さんから見て、今回のバチェロレッテである会社経営者の尾﨑美紀さん(29)はどういう印象だったのか。

「すごく芯のある女性ですね。普段からモテてるでしょうし、男性の転がし方も上手いなと思います(笑)。短い時間の中で、みんな本当に美紀さんを好きなっていきますよね。美紀さんも笑顔が素敵だし褒め上手。お仕事などで培われたのかもしれません」

 尾崎さんは男性にアプローチされた際、普通なら“いやいや、そんなことはないです”と言ってしまうところも“ありがとう、嬉しい”と返す。みんなで盛り上がるBBQのシーンでは、黙々とウインナーを焼く男性を褒めるなど、しっかり男性の行動を見ている。

 尾﨑さんは今の会社を学生時代に起業。コスメブランドの販売やメディア広告を手掛ける会社のCEOで、年商17億円とも言われている。才色兼備の“ハイスペック女子”だ。

尾崎美紀さん(Amazonプライム公式YouTubeから)