YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』(以下、『TFT』)での動画公開から約2か月、1800万回以上も人々のココロをオドらせているのは、HIPHOPグループ・nobodyknows+だ。

「6月10日に公開された『ココロオドル』は、今でもその再生回数を伸ばし続けています。この楽曲がリリースされたのは2004年で、紅白歌合戦にも出演しました。現在は4MC1DJで活動していますが、かつては5MC1DJ体制。今回の動画には元メンバーのg-tonさんも登場し、リリース当時のメンバーでの歌唱となったことも、多くのファンが歓喜した理由のひとつです」(音楽ライター)

『TFT』といえば“一発撮り”の音楽コンテンツだ。現在、チャンネル登録者数は650万人を超えている。

 nobodyknows+も一発撮りならではのミスがありながらも、それすら楽しんでいる様子があったが、そもそも“一発撮り”になったのはなぜなのか。『TFT』の運営担当者がその経緯を明かす。

「チャンネルを立ち上げたのは、実はコロナ禍の少し前の2019年11月でした。音楽の聴かれ方がダウンロードからストリーミングに変化していく流れで、それをきっかけにヒットする新人アーティストが出てくるようになったので、そういう場を作りたいという思いがありました。そのときに考えていたのは、“YouTubeで音楽番組をやるとしたらどんなものがウケるんだろう”ということでした」(『TFT』運営担当者、以下同)

アーティストが本気で勝負をする場所

 そして、3つのこだわりが生まれた。

「1つ目は、普段見られないようなアーティストの一面を見せたいということ。2つ目は、リアリティ。3つ目は解像度の高さです。この3つをもとに、アーティストが本気で勝負しに来る場所を考えました。その結果、生々しく本気で歌うリアリティという点や、ミュージックビデオとの差別化として、演出されていないドキュメント感という点から、一発撮りになりました。それをより際立たせるために、白ホリを用意してクリアに見せるようにしています」

 その結果、『TFT』をきっかけにヒットする曲も生まれていった。