すべて成功させたいーー。歌手活動休養前のラストシングル『甲州路』を発売中の氷川きよし。なぜ、股旅演歌だったのか。そこに込められた思い、さらには『氷川きよし特別公演』、年末に向けた“その後”への意気込みを語った。

演歌でちゃんとお礼を

「ファンの方にはやっぱり、演歌で応援していただいているので。演歌でちゃんとお礼を、というとおこがましいんですが、間違いなく喜んでいただけるものを。今、こういう時代の中、少しでも気持ちが明るくなるような演歌作品を。そんな気持ちでこの曲を選ばせてもらいました」

 今年12月末での歌手活動休養を発表している中、休養前のラストシングルに決めたのは『甲州路』(発売中)。

「“恋はこりごり甲州路”というサビは、すごくノリがよくて。誰でも口ずさめるフレーズなので、いろんなところでこりごりを使ってほしいです」

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

 股旅演歌、そしてキャッチーなサビ。デビュー曲『箱根八里の半次郎』('00年)を彷彿とさせる。まさに原点回帰ーー。

 しかも今回はA・B・Cタイプのカップリングを含め、すべて師匠の水森英夫さんが手がけているところにも、氷川の美学を感じる。

「スカウトして、東京に連れてきてくださったのはやっぱり水森先生ですし。23年たっても、変わらず恩師。お礼の思いを込めて今回、一緒に作品作りをさせていただきました」

 ちなみに、どうして甲州を舞台にした楽曲を?

「自分がデビューしたばかりのころ、甲州街道の近くに住んでいて(笑)。そういう意味ではスタートの地でもあり、これからまた旅が始まるような感覚もあります」

 股旅演歌のシングルリリースは、デビュー15周年記念シングル『ちょいときまぐれ渡り鳥』('14年)以来8年ぶり。

「デビュー20年を過ぎたころから、自分が歌いたかったものや見せたかった見せ方などをやらせてもらってきました。同時に、過去に学んできたものは生かされることを改めて感じています。やっぱり経験には無駄がない。『甲州路』は歌っていてすごく楽しいと思える曲なので、早くみなさんの前で披露したいです!」

 演歌歌手からアーティストへと飛躍した氷川による股旅演歌。寄せる思いは、特別だ。