ドラマで初共演の夏菜と白洲迅の2ショットトーク! 演じて気づいた「男女の考え方の違い」、また自分自身が他人と“個人差”を感じることとは?

演じれば演じるほど難しい!

――突然、身体的に性別が変わる“異性化”した夫とその妻の葛藤を描いたドラマ『個人差あります』で初共演。お互いの印象は?

夏菜 お会いする前の白洲くんはクールでシュッとしているイメージでした。でも実際は冗談も言うしラフでライトな感じ。話しやすい人だなと思いました。

白洲迅(以下、白洲) よかったです。夏菜さんはイメージどおりでした。エネルギッシュで活発。でも、こうやって取材を受けるなかで女の子っぽい一面を見ることがあって新発見でした。

――異性化した夫・晶を夏菜さん、異性化前を白洲さんが演じる“二人一役”の役作りは?

夏菜 リハーサルしたときに、晶のクセを考えたりしたけどそれ以外は自由で。撮影中の白洲くんの演技を見て、いいなと思うものはまねをしています。

白洲 僕もそうです。

夏菜 あっ、白洲くんに見られているなと思いながら演じています(笑)。台本読みのときに男っぽくしようとしてセリフの言い回しが乱暴というか強めになってしまい監督から“夏菜さんの晶”は、べらんめぇ口調ですねと言われちゃいました。

白洲 女性が男性を演じるのは表現として難しいと思うので、僕も夏菜さんの芝居を見ながら歩み寄れたらと思って演じています。ただし寄せようとしすぎても面白いものにならないと思うので、監督のかじ取りを頼りにしています。

夏菜 撮影/伊藤和幸

夏菜 そうだね。監督とスタッフを信じてやっているよね。

 原作漫画や台本を読んだときは面白くて、やってみたいと思っていたけど(台本を)読み進めて、演じれば演じるほど難しいです。多様性の時代に夫婦や男女について自分の固定観念を壊しながら演じているところです。

白洲 夏菜さんが言うようにやればやるほど難しさがわかる。こんな(異性化する)境遇はありえないけど、だからこそ自分のセリフひとつひとつに重みや意味があったりするのか迷ったりします。その迷いが正解なのかなと思いながら演じています。

夏菜 異性化というのは現実的にはありえないけれどもセクシャリティーやLGBTで悩んでいる人はいて、そういう点でもドラマができるのはすごいなと思っています。

白洲 テーマがセンシティブだからこそ僕らも繊細に演じていかないといけないと思っています。

夏菜 そうそう。責任重大だと思います。そういうのを背負ってひとつひとつのシーンを大切に大事に演じていかないとね。