5人に1人が年収200万円以下という時代に突入した。低年収でも実際、暮らしていけるのか?家計を整理してメリハリのあるお金の使い方をすれば年収200万円台でも無理なく生活することは可能だ。人気シニアブロガーのショコラさんに今ある収入で自分らしく、楽しく暮らす秘訣を聞いた。

働き方を変えつつ人生の後半戦へ

 今年66歳を迎えた人気ブロガーの「ショコラ」さんも、年収200万円台で人生を豊かに暮らすひとり。無理なく働き、月12万円でおしゃれも部屋づくりも楽しむ充実のシニアライフを送っている。ブログが人気を博し、書籍も多数出しているが、毎月の生活費は変わらない。

「現在の主な月収は、年金の12万円と週4日のパートで得る8万円。パートの収入は予備費として貯金しています」(ショコラさん、以下同)

 42歳で夫と別居してひとり暮らしを始めたショコラさんは「ひとりで生きていくために」パート勤務から転職活動を経て正社員になる。

 さらに友人から老後のためにとすすめられ、46歳でマンションを購入。給料の半分とボーナス、離婚の慰謝料を繰り上げ返済に充てて、わずか10年でローンを完済した。

「住む場所があることは何より老後の安心材料になりましたね。仕事とやりくりを頑張ったかいがありました」

「年金定期便」は確認していたものの、そのころから年金額やこれから必要な収入額を考えるようになったと話す。

「離婚する前のパートで社会保険に加入でき、年金額を増やせたことは今思えば本当にラッキーでした。正社員の仕事は体調不良もあって57歳で退職。退職金は半減しましたが今後の年金収入を確認し、支給までパートで働けば十分何とかなると思えたんです」

 その時々で必要な収入額を見極めて仕事を選び、人生設計を計画的に準備してきた。

「もちろんすべてが計画的ではありません。でも息子たちに頼りたくないし、できる限り自分のことは自分でしたい。前向きな節約だと思うと、お金の管理もゲーム感覚で楽しめるんです」

 週5日だったパートを63歳以降は週4日に。65歳で辞めるつもりだったが、任せられる仕事も増えてきてやりがいを感じており、しばらくは続けることにしている。ただ、今は勤務時間を10時から16時に減らしてもらった。

「休みの水曜日はだいたい施設にいる母の面会に行ったり、通院といった自分のメンテナンス日に。土曜日は小旅行などの外出、日曜日は自宅で過ごすことが多いですね」