梅のり【保存期間冷蔵で4~5日】(撮影/廣瀬靖士)
【写真】梅干しを使ってさっぱり!夏の不調を吹き飛ばすレシピ8選

梅干し調味料アレンジ:梅のり(保存期間冷蔵で4~5日)

材料と作り方/出来上がり量…1/2カップ(90g)

(1)直径17cmの耐熱ボウルに焼きのり3枚をひと口大にちぎって入れ、水1/3カップ、しょうゆ小さじ1/2を加えて混ぜる。

(2)ラップをせずに電子レンジで2分30秒加熱し取り出して、種を除いてたたいた梅干し4個(正味大さじ2)、ごま油小さじ1を加えてザッと混ぜる。

《MEMO》スティックきゅうりにつけたり、冷奴にのせたりしてもOK。茹でたほうれん草とあえれば時短副菜に。

梅のり入り卵焼き(撮影/廣瀬靖士)

梅のり入り卵焼き

材料/作りやすい分量
・梅のり……小さじ2
・サラダ油……適量
 A[卵…2個、水……大さじ2]

【作り方】

(1)ボウルにAを入れて溶きほぐす。

(2)卵焼き用フライパンにサラダ油を入れ、ペーパータオルで全体に塗る。強めの中火で温め、1を適量流し、軽く炒って広げる。

(3)奥側を5cmあけて梅のりを横長にのせ、へらで手前に巻く。卵焼きを奥に寄せ、フライパンに油を塗り、再び1を適量流す。卵焼きの下にも卵液を行き渡らせ、半熟状に焼いたら手前に巻く。もう一度繰り返す。両面焼きつけ、4等分に切って器に盛る。

《POINT》きれいに巻くコツは、初めに流した卵液を軽く炒って広げ、梅のりをのせた芯をしっかり作ること