ハロウィンの仮装でスクール水着姿に大人の玩具を咥えた宮本一馬容疑者(本人のSNSより)
【独占写真】事件時もチラ見せしていた、宮本一馬被告の両腕に入ったタトゥーなど

 両腕の上腕にタトゥーを入れ、右腕には花びら少なめの桜吹雪。若いころはサポーターで隠すこともあったというが、ここ数年はSNSでも見せるようになっていた。

 宮本容疑者を古くから知る男性はその人物像をこう明かす。

「カズマは同級生とはつるまず、いつも後輩とばかり遊んでいた。どうしても自分が上に立ちたいんだろう。後輩の挨拶の仕方が半端だと“おまえら挨拶がなってねえぞ”と叱り飛ばし、一目置かれている同級生には自発的に頭を下げる。相手を見て態度を変えるんだよ。常にオラついているくせにケンカは弱く、同級生や下級生にボコられたこともあった」

 素行の悪い仲間に群がるギャルには全くモテなかったという。

 こんなエピソードも……。

「路上でサラリーマンと肩がぶつかると、少し歩いてから“チッ、やっちまえばよかったかな”と手のひらを拳で叩く。よく無意味にシャドーボクシングしたり、年下相手に“肩パン(肩にパンチ)させてくれ”と言い、嫌がる様子を楽しんでいたそう。そうやって偉ぶるくせに後輩とは割り勘なんだって」(同・知人男性)

 事件当日、宮本容疑者は都内に向かうところだったといい、乗車したときから大声で連れと話すなどマナーが悪かったという。

 同じ車両に乗り合わせた乗客は何もしなかったわけではなく、犯行の一部始終を録画したり、車掌に連絡するなどできる限りの“援護射撃”をしている。

 民放テレビ局のニュース番組に提供された車中の動画には、土下座した男子生徒を脅す様子が捉えられていた。

「クソガキ、おまえ、オレにしゃべりかけられる分際とちゃうんや」

「ぶっ殺すぞコラ、ケンカ売ってるんじゃねえぞ」

 男子生徒の勇気ある行動に感心し、どうにか助けようとした乗客は確かにいた。

 SNSで、感謝の気持ちを忘れてはいけないと“男道”を説く宮本容疑者。筋の通らない逆ギレ暴行は、男道に外れると思わなかったのか。

◆   ◆   ◆

 逮捕後、宇都宮地検栃木支部の取り調べに対し、担当の男性検察官に恫喝めいた暴言も吐いていて、検察側から懲役3年を求刑されていた宮本一馬被告だが、判決は懲役2年だった。検察側・被告側も期限の2日までに控訴しなかったため、判決が確定した。

 被害者の高校生の顔には大きなアザが今も残っているという……。