「ディーフェーンス!」

 現在放送中のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)で、熱演を繰り広げている平手友梨奈。新木優子の口をふさぎ、竹内涼真とのキスを阻止した冒頭の場面は、既に“名シーン”認定されているほどだ。

 韓国ドラマ『梨泰院クラス』の原作者が平手を猛プッシュし、自身も出演を熱望したという今作において、彼女は圧倒的な存在感を放っている。

'21年に公開された映画『さんかく窓の外側は夜』が語る平手

「放送開始前には“リメイク”への不安の声もありましたが、フタを開けてみれば、老若男女問わずドラマにハマるファンが相次ぎ、中でも平手さんの演技力は絶賛されています。“別次元の演技をしてる”“ひとりだけ本家越えしたのでは?”と、主演の竹内涼真さんや新木優子さん、香川照之さんなど名だたる俳優を“食う”勢いですね」(テレビ誌ライター)

平手と中尾明慶の誕生日には『居酒屋みやべ』メンバーでお祝いしたという(公式ツイッターより)

 '20年にアイドルグループ『欅坂46』を脱退後、『ドラゴン桜』(TBS系)に出演するなど女優としてのキャリアを歩み始めた平手。彼女が出演し、'21年に公開された映画『さんかく窓の外側は夜』の森ガキ侑大監督は、平手の素顔についてこう語る。

あまり目を見て話してくれないなというのが第一印象で、嫌われているのかなと思ってしまいました(笑)。ただ、撮影が進むにつれて、細かく演出しなくても自分の意図をくみ取ってくれて、心が通じ合えたのかなと。撮影が終わるころには、平手さんの不思議な力にすっかり魅了されてしまいましたね

 役者としての平手の魅力とは何なのだろうか。