「20年以上一緒にいて、苦楽を共にした仲ですから。自分の腎臓を差し出すことに、まったく迷いはなかったです」

 肉体美を競う「ベストボディ・ジャパン」仙台大会、そのモデルジャパン部門レジェンドクラス(60歳以上)で優勝を果たしてから数日後、ゴージャス松野さんは、そう静かに口を開いた。

どんな時も支えてくれた彼女

 この大会にかける一つの重大発表があった。長年、時間を共にしてきたパートナーで歌手の田代純子さん(年齢非公表)のために、自身がドナーとなり生体腎移植手術を受けると発表。「彼女にいい報告を持ち帰りたかった」、面はゆそうに少し笑う。 

 松野さんといえば、'95年、女優の沢田亜矢子と結婚するものの、約2年後、泥沼の離婚騒動へと発展し、渦中の人となる。連日、大バッシングを浴びせられる彼の姿を覚えている人も多いはずだ。

 '00年に離婚が成立し、第一審では、「妻子への暴力」、「会社の資金横領」などは事実無根との判決だったが、時間は戻らない。お金も信用もすべて失った。そんな彼に対して、“普通〞に接してくれたのが田代さんだった。

「彼女も私と同じ福島県生まれ。話が自然に合うというか心地よかった。私も再起をはかるために、路上人生相談をはじめ、ホスト、プロレス……いろんなことをやりました。なんとかしたかった」(松野さん、以下同)

 だが、'03年にうつ病で入院すると、福島県に帰郷することを決意。活動休止のような状態が続き、'08年には、精神安定剤とアルコールの過剰摂取がたたり心肺停止の状態を経験する。文字どおり、どん底まで落ちた。

「どんなときでも、私を支えてくれたのが彼女なんです」

 田代さんの献身的なサポート、そして福島県が東日本大震災によって甚大な被害を受けた姿を見て、「自分に原因があるのに、私は何をやっているんだ」。目が覚めた気持ちになったという。
 
 松野さんが肉体改造を始めたのもこのころだ。酒をやめ、身体を鍛えていくうちに、精神面も向上。田代さんや地元の仲間たちとともに避難所の慰問活動を行ったり、2年半休んでいたプロレス復帰を果たすなど地の底から光の差す場所へと這(ルビ:は)い上がる。現在は、DDTプロレスリングに定期参戦するなど、その肉体を武器に活動を続けるーーその最中、'21年1月、田代さんが倒れた。