元タレントの坂口杏里が15日、自身のインスタグラムで離婚を発表した。

 夫は元格闘家でバーの店長を務めている福島進一氏。

 6月8日に結婚を報告しており、わずか2か月の結婚生活となった。  

 離婚の直接の理由は不明だが、坂口はたびたびSNSで夫への不満を吐露しており、元夫に40万円を貸したものの、返済の意思がない、などと金銭トラブルがあることも示唆していた。

 彼女の人生は混乱の極みにある。

 母はご存知のとおり昭和・平成の名女優坂口良子。2008年に二世タレントとして芸能界デビューしたものの、母がなくなった後は仕事は減少傾向にあり、そんな中、2016年にセクシービデオ出演。

 数本のビデオ作品に出演した後、キャバクラ、風俗店への勤務も報じられた。

 2017年には知人のホスト男性への恐喝未遂容疑で逮捕(不起訴処分に)、2019年にも元交際相手の男性の自宅マンションに侵入したとして逮捕(不起訴処分に)。

 今回の結婚も彼女の人生に安定をもたらすことにはならなかった。

 悔やまれるのは、坂口良子の二番目の夫でプロゴルファーのジェット尾崎こと尾崎健夫(ジャンボ尾崎の実弟)と信頼関係を築けなかったことかもしれない。

 坂口良子と尾崎の披露宴では、

「杏里さんは尾崎のことを涙ながら初めて“お父さん!”と呼び、良子さんと尾崎は号泣していました。彼は運動会や授業参観にも参加し、父親のようなことをずっとしてきていた。それだけに、胸に来るものがあったのでしょうね」(芸能レポーター)

 また、このような証言もある。

「良子さんが亡くなった翌年には、杏里ちゃんが主催して彼の還暦パーティーを開いたほど。本当の親子のようになっていたんですよ」(良子さんに近しい人)

 しかし、週刊女性記者が2016年の彼女のセクシービデオデビューについて直撃すると以下のようなやり取りだった。

直撃取材に仰天し、天を仰いだ継父・尾崎建夫

─すみません、娘の坂口杏里さんが、10月に発売されるセクシービデオでデビューされますが、お父さまである尾崎さんには、何か相談があったんですか?

「えっ……。お父さまといわれても……(しばらく沈黙)。(相談は)なかったですね。(良子さんの)三回忌に会ったきりで、最近は連絡を取ってないんです。本当に、何と言っていいのやら……。コメントはないですね。本当にビデオはもう出ちゃうの?」

─すでに撮り終わっているようです。

「ああ……」

─どうも、ホストクラブに入り浸り、借金を作っていたようですが?

「えっ!? でも、もう大人だからねえ。連絡は取ってなかったけど、芸能界で頑張ってやってるものと思っていたんだけど……」

 絶望的ともいえるそっけない対応。一時は固まりかけたかにみえる継父と娘の仲はすっかり疎遠になっていた模様だ。

 杏里の人生の安定に導く人物は今後現れるのだろうか。