8月24日、自身のYouTubeチャンネル『ゆきなてきな。』を更新した木下優樹菜。この日、次女を伴って【ママの推し活day】と題して会いに行ったのは、チャンネル登録者15万人の“陰キャ”系ユーチューバーとして知られる「ふかわ。」。

 この6日前には、【超有名なイケメンに偶然ナンパされた】として海水浴動画をアップしていた木下。そこで偶然出会ったというのが、自身の動画撮影のためにビーチに来ていたというふかわ。だった。

 子どもが寝静まった後に毎日の楽しみで視聴しているという、《一番大好きなユーチューバー》との奇跡的な出会いに舞い上がる彼女は、目を輝かせながら《本当に好き》《めっちゃカッコいい》を連発。憧れの存在との思わぬコラボ実現に、目をうっとりさせながら終始はしゃぐ姿が映っていた。

「清々しいくらいに、ただのファンと化していましたね」と笑うのはWebニュース・ライター。

上目遣いで“動画見てます”アピールをしたり、“今好きな人はいますか?”と質問したりと結構がっついてましたね。さらに彼が“チェキ会”を開くことに触れて、“優樹菜、マジで行こうと思ってたよ”とYouTubeスタッフには内緒のプライベートで行こうとしていたことも明かしたのでした」

 その“予告”通りに冒頭の“推し活”と称して、ふかわ。のチェキ会会場に足を運んだというわけだ。そして本人と再会ーー。

すっかり恋するオンナの顔に

 見知らぬ人との対面に怖がる娘をよそに、ビーチとは打って変わってシックな装いのふかわ。に前のめりな母。何度も髪を直す仕草は、すっかり恋するオンナの顔《こんなことするの初めて》とツーショット写真を撮って推し活を満喫した動画は、最後は【ふかわ。しか勝たん】のテロップで終えたのだった。

「7月にも格闘技大会のオーディションをモニタリングした動画を公開した際に、参加者のハイメをひと目見て“超かっこいい!タイプ”“めちゃくちゃ好き”などと一目惚れした様子でした。もしかしたら、恋が始まるかもと注視していたんですが(笑)」(前出・ライター)

 この“ラブコール”がネットニュースになると、自身のツイッターで記事を引用して、“#木下優樹菜”のハッシュタグとともに《ありがとうございます》と応えていたハイメ。その後、2人が公に会った様子はなさそうだが……。

 片や、スポーツ紙芸能デスクは「確かに自分の気持ちに素直で奔放なユッキーナですが」としつつも、

ふかわ。さんにしてもハイメさんにしても、“ビジネス”として“好き”と言っている部分が大きいと思いますよ。結果として動画内容がニュースとなって、双方の名前は大きく伝えられたことで宣伝効果バツグンですから。

 とはいえ、カノジョの性格を理解している、また仕事上のことだとしても堂々と“好き好き”発言を繰り返されると彼氏は不安になるでしょうね(苦笑)」