嵐・二宮和也(39)、KAT-TUN・中丸雄一(39)、Hey! Say! JUMP・山田涼介(29)、Sexy Zone・菊池風磨(27)。

 あらためて、グループの垣根を越えたスーパーユニットと言って過言ではない『ジャにのちゃんねる』の4人。昨年4月に二宮が主導するかたちでYouTubeチャンネルを開設し、さまざまな企画の動画を投稿してきている。同チャンネルでは二宮が「経理」、中丸が「編集」を担当し、動画内でもそういう愛称で扱われ、山田は「自発光」、菊池が「卍」という愛称となっている。

24時間テレビのパーソナリティーを務めたけれど

 開設から21日で登録者数200万人突破は日本最速記録となり、(同年末のショート動画クリエイターを除き)登録者数を大きく伸ばしたチャンネルとしてランキング1位を獲得。9月10日現在、登録者数は350万人を超え、ジャニーズ関連ではダントツの登録者数と再生回数をほこる大人気チャンネルとなっている。

「二宮くんきっかけで、何人かの親しい後輩を集めてYouTubeを始めるというだけでなく、動画そのものの楽しさと4人のキャラ、タレント性を活かした構成のうまさで、これだけの人気コンテンツになったのだと思います」

 と、あるスポーツ紙記者は言うが、「とはいえ、ジャニーズファンがみんな手放しで喜んでいるかというと、必ずしもそうではありません」どういう意味なのか。

 決して『ジャにのちゃんねる』に反発しているわけではないが、それぞれのグループのファンが熱心に応援するコンテンツというわけではないという。

「8月にはYouTubeを飛び出して日テレの『24時間テレビ』のメインパーソナリティをつとめましたが、視聴率や募金額もそれほど効果はなかったようです。彼らを表紙に据えた雑誌も、通常のほかのジャニーズ表紙の号より売れなかったと聞きました」

 では、なぜそのような現象が起こるのだろうか。

「やはりそれぞれが所属するグループがより活躍して輝いてほしい、応援したいという微妙なファン心理がはたらくようです。山田くんや菊地くんが参加しているからといって、知念くんや健人くんのファンが高い熱量で応援するものでもないでしょうし」(同)