「ジャニーズアクスタfest再販は景品表示法違反です。数量限定と聞いて貴重な土日を使って購入できた人達のことをなんだと思ってるんですか?」

ファン待望のグッズ販売で物議

 ジャニーズ事務所のオンラインストア『Johnny’s アクスタ Fest』が9月10日にオープンした。所属タレントである木村拓哉(49)、TOKIOといった大御所から、King & Prince、SixTONES、Snow Man、なにわ男子ら若手スターを含む豪華メンバーのアクリルスタンド(以下、アクスタ)が『数量限定販売』されたが、瞬く間に完売。

 その後、高額転売が相次いだことから同事務所は再販を発表したが、それが景品表示法に抵触するのではないかとファンの間で物議を醸している。

 ことの発端は今月3日、ジャニーズ事務所から前述の一部デビュー組ファンクラブ会員に向け、オンラインストア『Johnny’s アクスタ Fest』のオープンをメールで報告。

 同日、ジャニーズショップの公式Twitterアカウントでも

「全新作アクスタがラインアップ! 9/10(土)より特設サイトにて数量限定で販売いたします(中略)『Johnny’s アクスタ Fest』の会員登録が必要です。詳細は後日ご案内いたします」

 と告知したことから始まった。

「アクスタとは、アクリル板にタレントやアニメキャラクターなどの画像が印刷されたものです。近年流行の“推し活”の定番アイテムで、部屋に飾ったり、持ち運ぶことで『推しと一緒に行動しているような気分になれる』とファンには必須のアイテムです。

 豪華メンバーのアクスタがいっせいにラインアップされたことで、多くのファンが期待を寄せました」(カルチャー誌編集者)

 一方で、ファンは販売時のオンラインストアへのアクセス集中によるサーバーダウンや、転売ヤーによる買い占めなどを懸念していた。

 案の定、不安は的中。販売直前まで、アクセスの仕方により事前に会員登録出来たファンと出来なかったファンが混在する中、販売開始からすぐにアクセス過多によりサーバーに繋がらない状況に発展。

 全く画面を開けなかったり、運よく会員登録まではたどり着けても購入画面に進めないなど、推しメンバーのアクスタをゲット出来なかった人々が続出した。

 購入へのアクセスが出来ない状況は発売から2日も続いたため、「48時間も粘ったのに結局買えなかった……」「2日もアクセスし続けた時間と労力返して」といった疲労困憊の声があがり、“悪スタ戦争”とまで呼ばれる事態に。