防犯カメラは息をのむ犯行シーンを捉えていた。

 サングラスにランニングシャツ、ステテコ姿の中年男が隣宅前で仁王立ちし、

「オレ、何もやってないからな、悪いけど。言っとくけど前に仕事振ってやったの覚えてねえだろ! えっ!」

 などとまくし立てる。

 ステテコの右ポケットから刃物を出すと、低い姿勢で被害男性Aさん(60)に突進。刃物を何度も突き出す。

 揉み合ううち、サングラスなどがはずれても男は手を止めない。Aさんは、

「おーい、警察呼んでくれ!」

 と、出血の止まらない左手を心臓より高くあげながら叫んだ。

 9月4日午後4時22分ごろのこと。千葉県市川市で隣宅の男がAさんを刃物で襲ったとする110番通報を受け、県警行徳署が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕したのは職業不詳・河上久容疑者(62)。

 Aさんはからだをかばって左手を切られ大けが。顔には打撲傷があり、搬送先の病院にいまも入院している。

被害男性は腕の神経を切られ、顔にはプレートが…

 Aさんの妻はこう話す。

「夫は左腕の神経を切られ、神経をつなぐ手術をして完治まで3〜6か月かかる見込みです。顔面の殴られた箇所にはプレートを入れなければならないそうです。命に別条はないとのことですが、しばらく仕事はできませんし、後遺症が心配です」

 ご近所トラブルがエスカレートした果ての犯行だった。