かつて、お酒をラッパ飲みする“直瓶”がSNSで大バズり、名古屋で「日本一のカリスマキャバ嬢」として人気を博したエンリケ。現在は株式会社『エンリケ空間』で脱毛サロンやシャンパンサロン、買取サービスなど、実業家としてさまざまなビジネスを展開していたのだが、今年の8月『週刊文春』に、そのシャンパンサロンで男性客の死亡事故が起きていたことが伝えられた。スタッフが泥酔した男性をエアコンのない更衣室で数時間放置したとし、遺族は警察から「保護責任者遺棄容疑を視野に捜査を進める」との説明を受けていたと記述されている。

 その後、事故の直後に海外のファションショーを楽しんでいたことが発覚し、炎上。9月8日にも出資法違反の疑いと返金トラブルという新たな問題が浮上。それをめぐって夫と“泥沼劇”が巻き起こっている。

夫であるブタさんに誕生日を祝ってもらったエンリケ(本人インスタグラムより)

 2020年1月1日にキャバクラ時代の客、通称『ブタさん』との結婚を発表。当初は自身のYouTubeチャンネルなどで夫のこと飲食業系の経営者だと説明し、セレブ生活ぶりを発信していたが……。

夫がインスタグラムで反撃

「『文春』が報じたのは、ブタさんが行っていた“買取パートナー”事業に出資法違反の疑い。契約者のお金で購入したブランド品を『エンリケ空間』が買い取る事業で、指定の口座に現金を振り込みさえすれば、半年後に12%の利益を上乗せして返金されるという仕組みです。被害者の告発によれば、10万円を振り込んだにも関わらず、『大口の取引先の会社社長が亡くなった関係で入金がない。いつ返せるかわからない』と返金がなかったそうです。エンリケさんの名前を使い“ポンジスキーム”を行っていたといった“セレブぶりとはかけ離れた”疑惑はネットを大きく騒がせました」(ウェブメディア編集者)

 9月17日、エンリケはYouTubeチャンネルを更新。薄いメイクに白いシャツ姿というYouTuberの謝罪動画のテンプレートのかたちをとり、「このたびは皆さまにたくさんのご心配、ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」と頭を下げ、こう語るのであった。

私自身は何も把握しておらず、夫に任せきりでいました。夫のことは心から信頼するパートナーでしたが、実際は彼の言っていることと、説明と全く事実が次々と発覚していきました

 いかにも今回の一件について自分は関与してないといったような口振りだ。

「私は全て状況を把握しておらず、全容もわからず、いま何から……何を手をつけていいか全くわからない状況です」

 この発信を受けたブタさんは、怒り心頭といった様子でインスタグラムで反撃。9月19〜20日にかけてストーリーズを更新し続け、長文での“暴露”を行った。