元読売巨人軍でアテネ五輪(2004年)の野球日本代表監督も務めた中畑清(68)の過去の女性関係が『週刊文春』(10月6日号)に報じられた。

《読売記者との4年愛と中絶破局》と題された記事では、愛妻家として知られている彼が子宮頸がんで妻を失った翌年の2013年に、野球関連のイベントで知り合った読売新聞の30代女性記者・A子さんと交際をしていたときのことを伝えている。

 ある日、女性は妊娠したが、話し合いの末に中絶する運びとなったのだという。関係者によれば、“愛妻家”として知られ、子どももいた中畑は女性問題が表にでるのを恐れていたのだそうだ。中畑は文春記者の直撃取材に30分間応じ、起こった出来事は事実であると認めながらも、

《(中絶について)示談でも何でもなく、二人の中でも(A子さんの)家族の中でも済んでいることだから。俺はクリーンだから。相手に嫌な思いをさせるようなことをやったら俺も謝るし》

 と主張する場面もあった。

“坂本のブーム”によって

「8年前の出来事が今になって白日の下に晒された理由としては、やはり坂本さんの一件が大きいでしょうね。女性に対する生々しいLINEメッセージも流出したことで、ネットで大バズりしましたから」(スポーツ誌記者)

その甘いルックスから坂本勇人には女性ファンも多い(読売巨人軍 日本シリーズ優勝パレード2012年)

 “一件”、とは巨人のキャプテンである坂本勇人(33)が妊娠させた20代女性に対し、中絶を迫ったうえにトラブルを起こし示談、女性は自殺未遂までしていたことを伝えた『文春オンライン』の報道。世に放たれてから3週間以上たった今もネットで話題だ。

 中畑も文春の直撃に対し、坂本の名前を出して、この情報を“垂れ込んだ”人間について思いを巡らせている。

《このネタは、坂本と同じように皆さんが扱って、そういうふうにネタになるんじゃないかと思って(情報提供者が)言い出したんじゃないのおそらく……》

《やっぱり(情報提供者は)坂本のブームに乗りたいっていうところがあるんだろうな……》

 スキャンダルが報じられた坂本の名前をくり返すあたりに“恨み節”のようにも聞こえるが、事実、坂本ブームは起きているようだ。