寝るのは夜8時くらい。夏は、山に行くときは3時半から4時くらいに起きてました。今も、遅くとも6時には起床。暗くなったら寝て、明るくなる前に起きて、という感じで身体の調子もいいです

 関東近郊の山あいで今年3月から暮らしている東出昌大。『週刊女性』が10月11日号で報じたとおり、水道とガスは通っておらず、携帯電話の電波も圏外。住居はオーナーの厚意により家賃0円で借りている山小屋だ。猟をしたり野菜を育てたり、究極のサバイバル生活のように見える山での暮らし。1日のタイムスケジュールを聞くと、

「予定が本当に立たないんです。雨が降ると獣も出てこないし、畑もぬかるむし、外での作業ができないので、今、建てている小屋作りなど屋根の下でできることをやったり、本を読んだり。晴耕雨読の生活ですね」

 いろいろな本を読むという東出。狩猟に興味を持ったきっかけも、『ぼくは猟師になった』(千松信也著)だった。今は、『トレイルズ 「道」と歩くことの哲学』(ロバート・ムーア著)を読んでいるそう。

 水道が通っていないので、山の上方からくる沢の水をタンクに貯めて、高低差を使って炊事場に引いているという。

煮沸や消毒とかはせずに、そのまま飲んでます。お腹を壊したりしたことは、まだないですね。山に出かけたときも川の水をすくって飲みます。ちょっとくらい濁っていても、ミネラルだと思えばいいかなと(笑)」

100年前の山の人の暮らしに近い

 また、洗濯は川で。

「骨董の洗濯板をいただいたので、それで洗っています。乾燥が追いつかなかったり、雨がすごいときは里に下りてコインランドリーにも行きますけど。川で洗濯するときは、洗剤は使いません」

東出昌大の山暮らし生活に密着
東出昌大の山暮らし生活に密着

 ガスも通っていないので、煮炊きは薪を使って。食器用の洗剤も置いていない。

「電気は通っているので、ちょっとの光はあるんですが、電気には頼らないようにしていて。たぶん100年前の山の人の暮らしに近いんじゃないかと思います」

 食料は自給自足を目指す。狩猟でとった獣の肉や、育てている野菜、いただいたお米などで自炊生活だ。

「夏はトマトやナス、ししとう、万願寺とうがらし、普通のとうがらし、いんげん、二十日大根、ほかにもいろいろ育てていました。今は大豆や落花生。もうそろそろ収穫ですね。ハーブも料理で使うので、ローズマリー、バジル、タイム、レモンバームがあって。ウドとたらの芽も、山から移植して育ててます」