平均年齢25・4歳の“大人なジャニーズJr.”で結成された7人組グループTravis Japan(以下、トラジャ)が、世界デビューすることが発表された。

ロスにあるレコード会社から声が

「マイケル・ジャクソンやレディー・ガガとの仕事で有名な世界的振付師のトラヴィス・ペイン氏がオーディションを行い、'12年に結成。メンバーの卒業や加入を経て、'17年から現在の7人になりました。ダンスパフォーマンスには定評があり、今年3月から米・ロサンゼルスに無期限留学。共同生活を行いながらレッスンを積んでいました」(アイドル誌編集者)

 滝沢秀明副社長が、

《(留学は)デビューを約束するものではない》

 と発言したことで、彼らのデビューはまだ先になるのではと思われていた。実際、栄光をつかみ取った経緯も急転直下だったようだ。

「今年7月にアメリカのNBCネットワークで放送されている人気公開オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に、ジャニーズ初となる出演を果たしました。残念ながら準決勝で敗退したものの、彼らの一糸乱れぬパフォーマンスに会場の観客から大きな拍手が送られました。それを見た、ロスに本社を構えるレコード会社『キャピトル・レコード』の関係者から声がかかったそうです」(レコード会社関係者)

 関係者の間では、ジャニーズの次のデビューは別グループが本命視されていた。