発売から2週間、フリマアプリにはすでに100冊を超える出品が……。

三浦春馬の“暴露本”出版、ファンから非難

『春馬くんとの“未来の雑談”~三浦春馬の勉強ノート~』

“暴露本”という批判で発売前から多くのファンの怒りを買った三浦春馬さんのボイストレーナーだった斉藤かおる氏による1冊だ。

「春馬さんと親交が深かった斉藤さんは、これまでも自身のSNSで春馬さんのプライベートを、彼の死後も発信していました。今回の著書は、そんな斉藤さんによる“私が知っている春馬くん”をまとめた集大成的な1冊といえます。

 ボイストレーニングでの彼のひたむきな努力などを語るのであればファンは歓迎したでしょうが、それだけでなく、恋愛という彼の“特別なプライベート”にも触れていることが目次に記されていたので、発売前からファンの怒りを買ったのです」(芸能プロ関係者)

 そのため“絶対買わない”というファンはSNSで散見された。しかし、“怖いし知りたくないけど、確認するために中身を読もう”と思った人も多かったのだろうか。冒頭のように一読し、すぐ売りに出した人も多いようだ。

フリマサイトには三浦春馬さんの“暴露本”が大量に出品されていた

 では、“感想”はどうだろうか。販売サイトを見ると、星5つの評価も多い一方、低評価も多い。『Amazon』では全体の30%もが星1つの評価となっている。

《ほとんどが、心あたたまる内容でした。ただ、恋のことは、春馬くんが語らなかったことを、あんなに詳しくいらなかったと思います。相手もおられることで‥イニシャルまで必要だったのかと思います》

《最も気に入らないことは、レッスン料を払って習っていた生徒が亡くなっているのに彼のプライバシーを、本人の許可なくわざわざ本にして出版したこと》

《本書に出てくる税金の支払い漏れについての箇所。これって書く必要あります?》

《恋人のこと。お母さんのこと。直接何かしら報告、相談受けたわけでもないのに、どうして本にして世に出したのですか?》

《悲しいけれど、死人に口なしで、本人不在では反論も訂正も何もできないので、かわいそうだなと感じました》