ガーシーがもし辞めたとしても、NHK党の(比例代表)2位の山本太郎が繰り上げ当選になりますので、NHK党自体の議席数は変わらないんですよね。党としては痛くもかゆくもない

 10月3日の参議院本会議後に、YouTubeチャンネルにて動画を投稿したNHK党(以下、N党)の立花孝志党首。国会を欠席し続ける“ガーシー”こと東谷義和参院議員に対して、参院運営委員会から帰国、登院の要請が届いたことを明かした。

 そして自ら憲法58条にある《院内の秩序を乱した議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする》との規定を持ち出しては、ガーシーが除名される可能性にも言及。

「実際に除名するとは思えない」との見解を示しつつも、もしも可決された場合は「最高裁まで争う」とガーシー議員を擁護する構えを見せた立花氏。一方で、冒頭の“繰り上げ当選”も仕組みも示唆したのだった。

 先の参議院選でN党から出馬して見事、比例区にて当選したガーシー。よって辞職や除名にせよ、彼が議員を辞めた際には次点につけていた山本太郎氏が繰り上げ当選となる。立花氏にしてみれば、顔は変わろうとも議席は変わらないために「痛くも痒くもない」わけだ。

 かく言う立花氏も、2019年の参院選で比例区にて当選するも、わずか3か月で埼玉選挙区の補欠選挙へ出馬。この失職に伴って、現在はN党政調会長を務める浜田聡氏が繰り上げ当選を果たしている。“繰り上げ”は策略の一つのようだ。

立花氏「ガーシーは怖い」

 参院選を取り上げた情報番組ディレクターは、ガーシーと立花氏は「一枚岩とは言えなかった気がします」と2人の関係性に疑問を持っていたという。

「当選後にも、公約として掲げていた“暴露がない”とガーシーに対する不満を隠しませんし、その人物像にしても“すぐキレる”“怖い”と評しています。信頼しあっているというよりも、互いに利用して、利用されての関係が透けて見えました」