3日からNHK朝ドラ『舞いあがれ!』がスタート。ヒロインの福原遥が演じるのは東大阪の町工場で生まれた岩倉舞。彼女が長崎の五島列島で「ばらもん凧」に魅せられてパイロットを目指すというストーリーだが、前作『ちむどんどん』の影響をさっそく受けているようだ。

『舞いあがれ!』の初回放送の平均世帯視聴率は16.3%。前作『ちむどんどん』の16.7%を下回る結果になりました。ちむどんどんの期間平均世帯視聴率は15・8%。‘10年以降の作品で初めて16%を下回る低水準だったことの影響もあると思います。

 また、第2回が放送される予定だった4日朝に北朝鮮の弾道ミサイル発射の影響で朝の放送は中止に。不運の滑り出しになってしまいました」(スポーツ紙記者)

 前作から“引き継いだ”ものがもう一つ。『ちむどんどん』放送後に視聴者がTwitterに「#ちむどんどん反省会」のハッシュタグをつけて、ストーリー展開や登場人物の言動に対して辛口の意見を書き込まれるのが恒例となっていたが、早くも「#舞いあがれ反省会」というハッシュタグが登場している。まだ初週でどんな“反省会”が行われているのか…。