70歳まで働くつもりで最近、事務所を開いた会計士の佐竹さん。今までは節約を意識してこなかったと話す。

 しかし、自営業になって月収が不安定になったことや、昨今の食料品や日用品などの値上げラッシュに、老後の不安を感じるようになったそう。

無駄な出費を見直しポイ活で乗り越える!

「今のうちに家計を見直し、なるべくお金がかからない仕組みを作ることが重要です。佐竹さんの場合、まずは食費を削るべきですね」と話すのは、節約アドバイザーの丸山晴美さん。

 さらに「現金払いで損をしている」と指摘するのは、ポイ活に詳しい経済ジャーナリストの頼藤太希さん。

「値上げが続くこれからの時代、節約のキーワードとなるのが、購入時に得られる『還元』。国や自治体もポイントサービスを導入しており、かなりお得です。毎月かかる生活費にこそ活用してほしい」

【相談者】佐竹信之さん(仮名 59歳)

 57歳の妻、大学生の娘2人との4人家族。実の母親が近くに住む。長年勤務した監査法人を早期退職し、会計事務所を立ち上げた。“いつもニコニコ現金払い”が習慣。現在の月収は平均60万円。

【佐竹家 1か月の支出】

・食費……16万円
・光熱費……4万円
・通信費……4万2000円
・雑費(生活用品、衣類、交通費含む)……5万円
・娘2人の小遣い……4万円
・レジャー費(ジム代含む)……5万7000円
・医療費……1万円
・住宅費(固定資産税・保険)……1万5300円
・教育費……12万5000円
・保険代……9000円

●平均支出……54万〜56万円