「えっ、なにこの請求書! なんでこんなにお金がかかったの!」

念願の“著者”になったものの……

 Aさんは60代男性。長年働いてきた会社を定年退職した人生の区切りに、何年か前からブログで書きためていたエッセイを自費出版でまとめたが、完成した本が届いた数日後、出版社から送られてきた請求書の金額はざっと考えていた額の数倍にもなっていた。

「出版がきっかけで子どもたちとの仲が気まずくなってしまって」と話すのは、Bさん(女性/50代後半)。先立った夫が残した書き物を自分史という形で本にしてもらった。

 まとまったお金がかかったこともそうだが、子どもたちから強く言われるのは「全然お父さんらしい文章じゃない!」ということ。制作中から、編集とのやりとりに自身でも違和感を覚えていただけに、悔しさでいっぱいになってしまう。

夫が残した書き物を残したかっただけなのに…… ※写真はイメージです
夫が残した書き物を残したかっただけなのに…… ※写真はイメージです

 現在、自費出版は手軽にできるように進歩し、幅広い世代に人気。エッセイや小説、自分史や趣味(俳句や絵本)など、立派な一冊の本として世に出すことができる。

 しかし、結果として「ずいぶん高くついた」「理想の形とはまるで違った」「約束されていたように宣伝してもらえない」といった不満も多い。

 書店に並ぶ本は、どれも出版に値すると出版社が判断を下したものばかりとは限らない。著者が自分で出版費用を負担して本にした自費出版本も交じっているというのは、意外と知られていない事実だ。

 さらに制作費の一部を出版社が負担するというのがうたい文句の「共同出版」もある。しかもこちらは大手出版社に加え、社会的信用が第一の新聞社なども手がけているから、立派なものに違いない、と信じてしまうのもムリはない。