「今回は合格しました。弁護士の仲間入りができました。本当に先生のおかげです。今後は弁護士としてますます研さんを積んでいきたい。本当にうれしいです。ありがとうございます」

“3度目の正直”をかけて、今年7月のニューヨーク州司法試験に挑戦した小室圭さん。日本で勤務していた『奧野総合法律事務所』の奧野善彦所長に、そう電話で報告したと報じられたのは、10月21日のことだった。

試験直後の直撃取材に圭さんは…

「例年より早い合否発表でした。10月23日に31歳の誕生日を迎え、26日が結婚1周年記念日となる眞子さんにとって、“夫の合格”は最高のプレゼントになったと思います」(皇室ジャーナリスト)

 ようやく幕引きとなった“お受験問題”について、ある皇室担当記者が振り返る。

「1度目の不合格が公になったのは、眞子さんと結婚してからわずか3日後。圭さんはすでにニューヨークの法律事務所に法務助手として勤務していましたし、初回受験者の合格率は78%と高かったので、衝撃を受けました」

 結婚会見で「これからもできる限りのことをして、眞子さんをお支えしていきたい」と語った圭さんにとっても、青天の霹靂(へきれき)だったに違いない。

「生活基盤が整わないまま、おふたりは昨年11月にニューヨークへ。渡米当初こそ、海外メディアがこぞって彼らの姿をキャッチしていましたが、次第に夫妻の目撃情報は減っていきました。司法試験が行われるのは、2月と7月の年2回。圭さんが再受験すると報じられていたため、“缶詰めになって勉強しているのかも”と、合格を期待する声も多く上がっていましたね」(前出・記者)

 しかしながら、今年4月に2度目の不合格が判明。圭さんは、前出の奧野所長への電話報告で「合格点に5点足りず、とても無念」と反省しつつ、7月の試験にもリベンジする意向を示したという。

 そして迎えた3度目の試験当日、会場を後にする圭さんを『週刊女性』は直撃した。返答こそなかったものの、圭さんは“こらえきれない”といった様子で満面の笑みを浮かべていた。今思えば手ごたえの証だったのかもしれない。