《素敵な朝を届けられるよう、NHK大阪の皆さんとご一緒できる喜びを噛み締めて、精一杯頑張ります!!》

 10月17日、趣里が弾む気持ちを爆発させたような言葉でツイッターを更新。'23年秋放送のNHK朝ドラ『ブギウギ』のヒロインとして出演することを報告した。

両親の名前を出したくなかった

「今回のオーディションの年齢制限は32歳と、趣里さんにとってはギリギリ。“最後のチャンスだと思って挑戦した”と、朝ドラに懸けた思いを吐露していました。4度目となる挑戦で主役を勝ち取り、うれしさは格別でしょう」(テレビ誌ライター)

 趣里は'11年、20歳のときに女優デビューし、'13年の『おとぎ話みたい』で映画初主演を果たす。

「彼女が演じるのは、少しクセがあって個性的な役柄ばかり。'18年に公開された映画『生きてるだけで、愛。』ではうつでひきこもりの女性役。現在公開中の『もっと超越した所へ。』では、ダメ男に惹かれてしまう女性を演じ、存在感を発揮しています」(映画ライター)

 どんな役もこなす演技力が高く評価されている。

「母は元キャンディーズの伊藤蘭さん、父は俳優の水谷豊さんという、言わずと知れた芸能一家。でも、本人はそれを売りにしたくはないようで、“親の名前を出さないこと”をインタビューの条件にしたこともありました。今回、朝ドラのヒロインの座を射止めたことで、その実力を示したといえるでしょう」(スポーツ紙記者)