13歳でジャニーズ事務所に入所し、2002年からは『タッキー&翼』として活躍。芸能界を引退した2018年以後はジャニーズ事務所副社長として、またジャニー喜多川さんの意思を継いでジャニーズJr.の育成に尽力した滝沢秀明氏。

 そんな“新生ジャニーズ”の象徴でもあった彼が10月31日、27年にわたって在籍したジャニーズを突然の退社。Jr.の育成や発掘、プロモート事業を行う子会社『ジャニーズアイランド』社長の座から降りたことも発表された。

 ジャニーズ担当のスポーツ紙記者は「ついに、この日が来たということ」と、滝沢氏が抱えていたという葛藤を慮る。

「本来、タキツバ活動休止時点で退社意思を固めていたというタッキー。ですが、恩師であるジャニーさんに“後継者”指名されたことで留まることを決めた経緯があり、彼にしてみれば責任を果たした、恩返しを済ませたという思いなのでしょう」

 滝沢氏の副社長就任後、『Snow Man』と『SixTONES』をはじめ、『なにわ男子』そして『Travis Japan』とおよそ3年間で4組とハイペースでデビュー組を輩出。それも当初より退社を決めていたからこそ、ということか。

 そんなジャニーさんが生み出し、滝沢氏によってプロデュースされた若手グループの活躍もあって軌道に乗る『ジャニーズアイランド』。その後任として抜擢されたのが、『V6』元メンバーで、『20th Century』としての活動も続ける井ノ原快彦。これも大きなサプライズ人事だった。

「なにせ本人も寝耳に水だった(笑)」とは、前出のスポーツ紙記者。今後は自身の芸能活動を継続させつつ、Jr.育成も担うというイノッチだが、なぜ彼に白羽の矢が立ったのか。

『TOKIO』国分太一と共に、『ジャニーズカウントダウンコンサート』司会を3年間務めた経験があり、ドラマや映画、その他の番組でも若手と共演する機会も多いイノッチ。また自身も2児の父親だけに、若手の気持ちへの理解も深いのだろう。Jr.からは面倒見のいい“アニキ”として慕われているようだ。

井ノ原の役割は“営業部長”か

「それにイノッチは処世術に長けていて、若い頃から『少年隊』ら先輩や、それこそジャニーさんにも可愛がられていましたね。それにV6時代から現社長のジュリー(藤島)氏からの信頼も厚い。

 また芸能界においても、他事務所の俳優さんとの繋がりも深く、局のプロデューサーやスタッフ、さらにはお偉いさんからも好かれる天性のキャラ。そのため、今回は“営業部長”の就任と見る向きもありますよ」(同・記者)

 なるほど、ジャニーズが期待しているのはイノッチが培った各方面での幅広い人脈と、若手を売り込む営業力ということか。発足当初より、メリー喜多川さんが営業担当し、ジャニーさんがプロデュース業を担ってきたジャニーズ事務所。

 では、『ジャニーズアイランド』の営業担当がイノッチだとして、今後のプロデュース業は誰が担当するのか。