「気が乗らないから、脱げよ」――。

 酔った男がそう言い放ったのが始まりだったという。

「11月9日、大手引越し業者『アート引越センター』のアルバイト・森本義洋容疑者(52)と社員の岩倉拓弥容疑者(27)、さらに19歳の社員2人の計4人が強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されました」(全国紙社会部記者)

 犯行現場となったのは、同僚たちの“たまり場”となっていた、東京・江戸川区にある岩倉容疑者の自宅マンション。事件は今年4月まで遡る。

女性社員の前でパンツ脱がせて暴行

「逮捕容疑は、同僚である20代男性にパンツを脱がせて、暴行などを加えた疑い。4月30日、当初は岩倉と被害を受けた男性を含む4人が、岩倉の自宅で談笑していたところ、午後10時ごろに酒に酔った森本が合流。森本が男性に服を脱ぐように指示すると、男性は渋々服を脱ぎ、パンツ1枚の姿に。

 そこに同じ職場の女性社員が合流すると、森本は“パンツも脱げ”とさらに指示。最終的に、複数人で男性を押さえつけて、パンツを破って脱がせたうえ、男性の頭部や腹部などに暴行を加えたのです。森本はその一部始終をケータイで撮影していました」(同・社会部記者)

 被害男性は、全治3週間のケガを負っただけでなく、その後に“適応障害”と診断され、職場を退職するまでに追い込まれたという。

「この行為だけにとどまらず、事件後には被害男性の頭部をバリカンで刈るようなこともしていました。4月末の事件から、男性への犯行が次第にエスカレートしていった可能性は十分にありえる」(同・前)

 熱心な阪神タイガースファンだった52歳の森本容疑者が、20代の岩倉容疑者や10代の少年たちに指示して、集団で1人の男性を辱めて、暴力を振るう行為は“いじめ”そのもの。善悪の判別がつくであろういい大人が“日常的”に男性をいじめていたのであれば、それは悪質性の高い犯罪行為以外の何物でもない。

おなじみの青と白のトラック。街中で見かけることも多いアート引越センター(公式HPより)
おなじみの青と白のトラック。街中で見かけることも多いアート引越センター(公式HPより)

 おそらく同じ職場で働くほかのスタッフも、1人の男性が複数人に寄ってたかられて、いじめられる姿を見ていたのではないか。森本容疑者らが働いていたとされる、都内にある『アート引越センター』の支店を訪れたが、

「僕は先月に赴任してきたばかりで、詳しいことは何もわからないんです……。本社に聞いていただけますか」

 と支店長は話すだけ。同支店から出てくる従業員たちに声を掛けるも、

「わからない」「話すなと言われているから……」

 と、言葉少なげだった。