街路樹が紅葉し、葉を落とし始めたニューヨークの中心地・マンハッタン。ここに小室さん夫妻が居を構えてから、1年がたった。

「新生活をスタートさせるエリアとして選んだのが、“地獄の台所”とも呼ばれるヘルズ・キッチンでした。由来は諸説ありますが、19世紀半ばからギャングが現れるようになり、“アメリカでもっとも危険な地域”と言われるほど治安が悪かったことから名づけられたそう」(在米ジャーナリスト)

現在の自宅は“お得な物件”

 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の舞台としても知られる。

「'90年代半ばから治安は回復し、経済発展とともにマンションや飲食店が立ち並ぶようになりましたが、いまだに“場末感”が漂っています。人通りが少なく、ホームレスも多い。ニューヨークでは、犬のフンを始末しないと罰金が科せられますが、このエリアは“無法”とも言うべきか、フンが放置されています」(同・在米ジャーナリスト)

 小室さん夫妻が渡米してからの1年間を振り返れば、銃撃事件や刺傷事件も起こった。

「彼らの家は、築15年のマンションのワンルームだそうです。洗濯機が置けない仕様で、ふたりで暮らすには少々手狭。現在の家賃は、日本円で60万円前後です」(現地の不動産関係者、以下同)

 60万円と聞くと、ラグジュアリーな住まいを想像するが、家賃の高さが全米トップのニューヨークでは、平均価格だ。

「10月期のレポートによると、ニューヨークの1ベッドルームの家賃の中央値は3850ドル(約55万円)。マンハッタンだとそれ以上になります。夫妻のマンションは、“世界の交差点”と称されるタイムズスクエアから徒歩15分と立地は抜群ですが、セキュリティーが緩いからか、お得な物件という印象です」