今も昔も「母は強し」。子を育て守る、人生を謳歌する芸能人シンママたち。女優の杏やモデルのMALIA、日本が誇る歌姫・浜崎あゆみ、宇多田ヒカルなど、そのアクティブさには「生きるためにはお金が大事」という明確な意思を感じる。夫という足かせを外し、自分のやりたいことを“稼ぎ”に変える彼女たちの強さを探った。

パワフル・シンママ部門

東京にとどまる理由なし、住む場所さえも稼ぎに変える!

 離婚したんだから、自分の好きな場所に住めばいい。そこで、自分らしく稼げればなおいい。

 日本を飛び出して稼いでいるシンママがいる。

女優の杏、パリに移住しYouTubeで総収益1000万円を超え

 ベリーショートにして、すっかりパリの風景に溶け込んでいるのは、女優の杏(36歳)。俳優で元夫の東出昌大の不倫で5年間の夫婦生活にピリオドを打ったが、現在その笑顔には一点の曇りも見られない。

 今年8月、6歳の双子の女の子と4歳の男の子を連れて、パリに移住。ユーチューブではパリでの現地の様子を伝える動画も配信しており、その収益は、10月の1か月だけでも推定200万円にもなる。話題のユーチューブを開設したのは昨年11月。これまでに総再生回数が8800万回を超え、その総収益は、軽く1000万円を超える。ユーチューブで稼ぐママタレが数多くいるが、杏はその中でも抜きんでている。

 シンママの自立を応援しているファイナンシャルプランナーの森本由紀さんは「夫がいることで思いどおりにならないこともありますが、離婚したからこそ、やりたい場所で、やりたいことができるようになったわけです。離婚をステップにして、新しい自分を発信したら、多くの共感を得た。フォロワーが増えるのも当然でしょう」と語る。

 女優としても順風。主演ドラマのギャラは1話300万円ともいわれ、さらに映画やCMもあり年収は3億~4億円ほどになる年も。リモート出演でも需要がある杏なら、パリの物価高にも余裕で耐えられる稼ぎ力があるはずだ。