11月20日からサッカー・ワールドカップカタール大会が開幕。森保一(もりやす・はじめ)監督率いる日本代表は23日にドイツとの初戦を迎える。

「森保さんは、長崎日大高校から日本リーグのマツダ(現サンフレッチェ広島)に入り、守備的ミッドフィールダーとして活躍しました。日本代表にも選ばれ、'93年には試合終了間際に同点に追いつかれて、初のワールドカップ出場を逃した“ドーハの悲劇”も経験しています。現役引退後は広島の監督として3度優勝。昨年の東京五輪でも監督を務めました」(スポーツ紙記者)

自宅に招いて歓待を

 SNSを中心に《森保は面白くないサッカーをする》《地味な試合ばかり》など批判の声が多数挙がっている。

「17日に行われた強化試合のカナダ戦で逆転負けを喫しました。大会前最後の試合でしたが、主力組を温存した選手起用にも賛否がありました」(同・スポーツ紙記者)

 大会直前まで批判が続くが、森保監督とはどういう人物なのか。Jリーグ・サンフレッチェ広島公式マガジンの『紫熊(しぐま)倶楽部』編集長で、森保監督を現役時代から取材してきた中野和也さんはこう話す。

「誠実な方です。日本代表に選出されて、広島で絶対的な存在になっても、それを鼻にかけるようなこともなく、非常に謙虚。記者にも丁寧に接してくれました。悪く言う人はいないですね」

 そんな魅力的な人柄を表すエピソードが――。

「森保さんに初めてロングインタビューをしたときのことです。クラブハウスで待っていたのですが、森保さんが忘れて帰ってしまいました。広報の方を通じて連絡を取ると“もし時間があるなら家に来てほしい”と。

 選手が記者を自宅に招くのはあまりないことです。森保さんの自宅に伺うと歓待を受けまして、奥さまのおいしい料理をいただきながら、ざっくばらんにお話をしていただけました。30分の予定が2時間くらい話をしました」(中野さん、以下同)