King&Princeの平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太の3人が、来年のグループ脱退、ジャニーズ事務所退所を発表して約3週間が経過した。多くのティアラ(キンプリファンの愛称)はいまだ混乱しており、キンプリの騒動をめぐってネガティブな発言をした芸能人に猛抗議を行うなど、殺気立った状況が続いている。

 ティアラに大激震を与えた、キンプリメンバーの脱退・退所発表。平野らは「海外で挑戦したい」という思いから、この決断を下したそうだが、SNSには、「現実を受け止められない」というティアラの悲痛な声が飛び交うこととなった。

頑張りが伝わったと歓喜するファン

「発表直後から、『平野らは本心から脱退・退所したいわけではなく、事務所に“辞めさせられる”のではないか』と疑念を抱く一部ティアラが、SNS上で“暴走”し始めました。公式モバイルサイト・Johnny's web内の平野さんのブログに、≪悲しいな手放すの 3人では無理 解散してみんなを連れて活動するのが夢でした≫というメッセージが隠されているといった臆測を拡散するなど、いわゆる“陰謀論”に走る過激派ティアラが続出してしまったんです」(芸能ライター)

 そんな中、11月9日には、キンプリの11枚目のシングルとなる「ツキヨミ/彩り」が発売に。同シングルで初ミリオンを達成したいと、ティアラは“爆買い”に走ったのだ。

「同シングルは11月15日発表の『オリコン週間シングルランキング』で、自己最高となる初週79.2万枚を売り上げ、第1位を獲得しました。しかし、一部のティアラはほかにも、公式YouTubeチャンネルにアップされているMVの再生数を伸ばそうと、複数のデバイスを駆使して繰り返し閲覧を行うように。

 その甲斐あってか、『ツキヨミ』のMVは2300万回超えという驚異の再生回数を記録(11月22日現在)しています。さらに、海外のラジオ番組にキンプリの楽曲をリクエストする活動にも積極的で、実際に米ニューヨークのラジオ番組『Platinum Vibes Radio』で『ichiban』が流れたそうです」(同・前)

 一部のティアラがこうした応援活動を行うのは、メンバーに感謝の気持ちを伝えたいのはもちろん、「キンプリが世界で注目を集めれば、平野さんらの脱退・退所を食い止めることができるのではないかと考えているから」(アイドル誌ライター)という。

 平野はそんな思惑を知ってか知らずか、11月18日に、自身のブログで海外のラジオ番組にキンプリの曲が流れたことに触れ、ティアラへの感謝の思いを綴った。

「海外ラジオ番組へのリクエストに精を出していたティアラは、『自分たちの頑張りが伝わった』などと歓喜していますが、このブログをきっかけに、脱退・退所阻止の活動がこれまで以上に激化する可能性がある。実際、以前から過激なティアラを白い目で見ていたファンの中にも、そのことを危惧する人は少なくありません」(同・前)

 そんな中、キンプリの『第73回紅白歌合戦』出場をめぐって、おぎやはぎ・小木博明と矢作兼の発言がティアラを激怒させてしまう事件が起こった。