AKB48・岡田奈々との熱愛を報じられたイケメン俳優・猪野広樹が、11月24日にインスタグラムを更新し、《ご迷惑やご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます》(原文ママ)などとコメントを出した。騒動になっていることを謝罪しつつも、岡田との交際を否定する文言はない。

 岡田といえば、近年のAKBで中心メンバーとして人気を誇ってきた存在。一方、猪野は『弱虫ペダル』や『僕のヒーローアカデミア』など、いわゆる2.5次元舞台を中心に活躍している。

「アイドルより恋愛を選んだ」

 そんな2人は、今年6月のミュージカル『「マギ」-迷宮組曲-』で共演。11月19日配信のニュースサイト「文春オンライン」の報道によれば、この共演がきっかけで交際関係に発展したといい、今月6日には岡田の父親も交え、新築マンションを内見していたとか。

「人気アイドルとイケメン俳優、どちらも熱心なファンがついていますから、ショックを受けるファンがいるのは当然のこと。ただ、岡田さんの場合は“優等生キャラ”で支持を集めていたところがあるだけに、彼女に『裏切られた』と感じるファンが多かったようです」(スポーツ紙記者)

“文春砲”を受けて炎上していた岡田は、報道の同日にファン向けの有料メールサービスを配信し、騒動を謝罪。しかし熱愛の事実は否定せず、それどころか“AKBに恋愛禁止ルールはない”という主張もしたことで、火に油を注ぐ結果に。ネット上のファンは「開き直って言い訳しないで」「厚顔無恥すぎる」などと激怒していた。

 結局、報道から3日後の11月23日、岡田はツイッターで「AKB48を卒業します」と発表。一方で「スタッフさんからは卒業の必要は無いと言われましたが」とも書いていたことで、「一言余計だよね」「最後までプライド高い」「自分を正当化してる。逃げただけでしょ?」「アイドルより恋愛を選んだ」といった批判も寄せられた。

 なお、岡田の卒業発表から数時間後、AKBはテレビ東京の特番『テレ東音楽祭2022冬』に生出演。その中には岡田や、「文春」で“岡田から猪野のことを紹介されている”と伝えられたメンバー・村山彩希の姿もあった。