「旧岩崎邸に令和の“花咲かじじい”がやってきましたよ〜(笑)。本当にすてきなところですよね。歴史的な建築物にお花をいけるのは、私のライフワークです」(假屋崎省吾さん、以下同)

 今年で華道歴40年を迎えた假屋崎省吾さんと、近代日本の名建築住宅でもある重要文化財・旧岩崎邸庭園が夢のコラボレーション! 冒頭は、イベントへの意気込みだ。

 最近テレビへの露出を控えめにしているのは、こうした本業である文化活動や華道教室に集中しているからだとか。

 そんな美と幸せを振りまく華道家・假屋崎省吾さんに、現在のお仕事ぶりからパートナーとのプライベートライフまで、たっぷりお話を聞いた。

鎌倉の土地と邸宅購入を即決

 假屋崎さんといえば、東京・表参道に建てた17億円豪邸の欠陥住宅騒動も記憶に新しい。予定工期を2年以上超過しつつも完成したその家は、地下二階・地上三階で、コンサートを開ける小さなホールもあったという、テレビに何度も登場したザ・豪邸。しかし、今年8月にその豪邸をついに売却したという。

「本当にこだわり抜いた家で、美輪明宏さんもよくいらしてくれてたんですけれど、いろいろトラブルもありました。今は手放せて、せいせいしてます!」

 売却のきっかけは、約2年前、鎌倉に素晴らしい物件が見つかり購入したこと。

「あまりにもそこの環境がいいので、本拠地にしようと思ったんです。1300坪以上の土地に、『ハリー・ポッター』みたいな世界観の家があって、すごく静かで自然に囲まれているんです。敷地内には、谷川も流れてて、ずっとずっと登っていくとみのもんたさんのお宅もあります(笑)。表参道の家は、最初は緑に囲まれていたんですけど、周りの木がどんどん切られてビルや建物が建ち、環境が変わってきたこともあり、便利ではありましたが、売ることを決意しました」

全国各地の花を使用した假屋崎さんの作品と、歴史的な建築物の見事なコラボレーション(撮影/佐藤靖彦)
全国各地の花を使用した假屋崎さんの作品と、歴史的な建築物の見事なコラボレーション(撮影/佐藤靖彦)

 鎌倉のほか、高級別荘地として知られる旧軽井沢にも1300坪以上の土地・邸宅が。加えて朝一番の移動があるときなどに利用する東京の別宅、そして銀座に移転した教室と、現在4拠点生活をしているという。そんな鎌倉をはじめ、家との出会いはほぼ“即決”で、極上の土地に移り住んできた。

「表参道も軽井沢も、こういう土地が出たから、と聞いて行って即決。鎌倉も、YouTubeを見ていたら出てきて、すてきなところだね~って思ってたら、その1週間後に住宅情報サイトに物件がポンと出てきたんです。すぐに不動産会社に連絡して、3日後スケジュールが空いてたので現地視察に行って即決。全部即決人生です。駄目なものの判断、諦めるのも早いですし、くよくよしないんです。ぐちぐち言っても無駄。スパッと気持ちを切り替えないと。それで63歳まで生き延びてこられたと思ってます」

 決断力もさることながら、“稼いだ分はため込まずに使う”が假屋崎流。現在は鎌倉の土地を、目下“假屋崎邸庭園”にすべく大改造中なのだそう。

お気に入りの大作の前で。假屋崎さんも花のように華やか!(撮影/佐藤靖彦)
お気に入りの大作の前で。假屋崎さんも花のように華やか!(撮影/佐藤靖彦)

「鎌倉の庭の改修工事も、島根の日本庭園・由志園の庭師さんにいらしていただき、何百トンの石を運び、樹木を植え、四季折々の花が楽しめる庭園にするつもりなので、マンションがいくつも買えちゃうくらいお金をつぎ込んでおります。なのでお金は使わなきゃダメ! 使わないと入ってこないんです。ケチってたらケチケチ人生しか残ってないんです。人間の身体もそうでしょう。ため込んじゃうと具合悪くなるんです。便秘状態ですよ。だからそうならないように自分は実践しているつもりなんです。ちゃんと税金も払ってね(笑)」