撮影スポットが聖地と呼ばれるなど、“泣けるドラマ”と放送を重ねるごとにファンを増やしている『silent』。主演の川口春奈が演じる青羽紬が8年ぶりに再会した高校時代の元恋人・佐倉想を、“めめ”こと目黒蓮(25)が演じる。

ドラマ『silent』の目黒蓮

《好きな声だった。好きな声で、好きな言葉をつむぐ人だった》

 朝礼で耳にした想の声に惹かれた紬。付き合うことになったふたりだが、高校卒業後のある日、想は《好きな人がいる。別れたい》というメッセージを残し、姿を消してしまう。そして、想と偶然再会した紬は、彼が聴力をほとんど失ってしまったことを知る。

 徐々に耳が聞こえにくくなっていく“若年発症型両側性感音難聴”を患い、中途失聴者となっていく想の心の変化を繊細に演じるめめ。悲しみをたたえた瞳、紬に向ける笑顔……、気づけば一挙手一投足にくぎ付けに。

「手話の素晴らしさを改めて感じながら、楽しんで学ばせてもらっているなぁという感じです。手話はちょっと離れたところにいる人にも気持ちが伝えられる、すてきなコミュニケーション」と役作りについて語っていためめの演技が輝くほどヒロイン・紬にも引き込まれていく。

「好き」と言葉にした紬を想が抱きしめて終わった7話。音のない世界で再会した紬と想の恋物語はどんな結末を迎えるのか……。