11月24日、愛子さまが天皇、皇后両陛下とともに東京国立博物館を訪問された。

ご一家そろっての公的な外出は約2年10か月ぶりのこと。学習院大学文学部日本語日本文学科3年生の愛子さまは、展示品の浮世絵について“大変勉強になりました”と関心を寄せられました。ご一家で感想を話されながら、仲睦まじいご様子でした」(皇室担当記者)

“匿名SNS”を活用される愛子さま

 12月1日、21歳をお迎えになる愛子さま。成年皇族の仲間入りをされてから1年がたつ。

「当面は学業を優先させていただきながらにはなりますが、ひとつひとつのお務めを大切にしながら、少しでも両陛下やほかの皇族方のお力になれますよう、私のできる限り、精いっぱい務めさせていただきたい」

 今年3月、ご成年を迎えて初めて臨んだ記者会見で、このように意気込まれていた。

「成年会見以降、メディアの前に姿をお見せになる機会はそう多くありませんが、お出ましのたびに話題になります」(前出・皇室担当記者)

 来春には大学4年生になるが、コロナ禍の影響で通学されたのはわずか数回程度。

「対面授業はすでに再開されていますが、両陛下に及ぼすリスクを鑑みて、“おこもり生活”を継続されています」(宮内庁関係者)

 他方、年明けからは同級生たちの就職活動も本格化する。

「愛子さまは、ご自身の“匿名SNS”を駆使し、ご学友と交流されています。“就活シーズン”が近いことも意識され、ご自身の進路について思い悩まれていると拝察します」(同・宮内庁関係者)