FIFAワールドカップカタール2022にて27日、コスタリカ代表に惜しくも敗れたグループリーグE組の日本代表。盛り上がりをみせるなか、ベテランDF長友佑都(36、FC東京)の発言に日本サポーターがピリついているようだ。

 事の発端は、コスタリカ戦から一夜明けた練習後の取材。長友選手は、

《空を見ながら、スペイン戦後に僕がめちゃめちゃどでかい声で『ブラボー!』と言ってる光景が浮かんだ。これは現実になるなと。今までそうやって降りてきたものはほぼ確実に現実になってきた。みんなで一丸となって、勝負を挑みたい》

《スペイン戦で絶対にいい結果を残して絶対突破するので、メディアの皆さんも3150倍の称賛でたたえてほしい》

 とスペイン戦に向け、熱い思いを語った。

DF伊藤洋輝を庇い、称賛も

 この発言に対し、“熱くなっている”日本サポーターからは、

《年長でチームを引き締める立場のはずが、誰よりもハイテンションではしゃぎまくってて何なんだよ》

《簡単に絶対って言葉使うやつは信用無くすよ。逆に無理だったとき叩かれて、サッカー人気に影響与えることをわかってない》

《言葉が軽い》

《突破出来なかったらどうしてくれるって話は絶対しないんだよな》

 と、長友選手のテンションについていけない様子だ。

 そんな長友選手だが、後輩が批判された際に自らが矢面に立つなど、人情にあふれた熱い男でもある。初戦で強豪ドイツ代表を撃破するという偉業を成し遂げた日本代表。期待が膨らんでいたなかでのコスタリカ戦敗戦に、日本サポーターからDF伊藤洋輝(23、シュツットガルト)ら若手に批判が殺到した。

 心ないバッシングが若手選手たちへ浴びせられている状況に対し、

《上手くいかなかった選手が批判されている、というのは聞いています。もちろん批判されるのは当たり前ですけど、それは若手にではなく、若手が躍動する雰囲気を作れなかった僕のようなベテラン選手に対してというか、一番批判を受けるべきなのは僕だと思っています》

 とコメント。自らバッシングの壁となり、若手選手を守る男気を見せていた。

 これに対し、

《長友選手の若手を庇う気持ちは、この人の情熱的感情を感じます》

《メンタルやチームの雰囲気の管理というのは、スポーツで勝っていく中でとても重要なことなのだろうな。その中でベストなパフォーマンスを出すために、長友選手は色々考えていると思った》

《長友選手に批判は俺にって言われても長友選手を批判する要素が今のところないし、寧ろ皆の為に頑張ってくれてありがとうと言いたい》

 と長友選手を賞賛する声も多く寄せられていた。