バスケットボール漫画『SLAM DUNK』の劇場版アニメ『THE FIRST SLAM DUNK』が今週末3日(土)より、いよいよ公開となる。

 原作となる『スラムダンク』はバスケット漫画の魁であり金字塔。魅力的キャラたちの“友情”、初心者がチームに欠かせない存在となるという“努力”、弱小から強豪を下すという“勝利”、そして数々の名言……その魅力を上げればキリがないが、その分“原作ファン”が非常に多く、劇場版アニメを“不安視”する人も少なくなかった。

 そんななか投じられた一石……。それはさらに原作を愛するファンらの心を逆なでさせた。

『COURT SIDE』。これは製作スタッフにインタビューした“製作日誌”的なサイトだ。サイトは『公式』が運営している。

「スラムダンクの映像化は今回が初めてではなく、最初にテレビアニメ、さらに3本の劇場版があります。それらの作品で起用されていた声優さんを一新したことで、まず最初の炎上。その後、映像を3DCG化したことで2度目の炎上。そして3度目となったのが製作スタッフたちのサイトによるものですね」(アニメ雑誌編集者)

『COURT SIDE』は、今回の劇場版スラムダンクのスタッフたちが、製作にあたっての苦労や作品の魅力を語る……というものだ。これに対しては、

《製作陣の苦労話とか公開前に熱く語られても冷めてくだけ》

《公開前にスタッフの裏話とか公開されてるらしいけどマジで順序意味不明そんなん特典映像にでもしとけ見る前から苦労話とかいらねー》

 といった辛辣な声も一部ある。

確かに公開前にこれだけ大変だったんです! と言われても知らんがなというのは理解できます。ただプロモーションの一貫ですからね(苦笑)」(前出・アニメ雑誌編集者、以下同)

苦労話よりもストーリーを知りたいファン

 製作スタッフらのサイトに登場するのはプロデューサー・演出・キャラクターデザイン・美術・編集といったスタッフたち。作品のストーリーに関わるスタッフではなく、“映像”に関わる人たちが登場する。

「そもそも今回の劇場版は、原作の“どこ”を描くのか、そのストーリーは公開直前になっても明らかになっていません。その面から“苦労話なんか公開するより……”と、多少なりともストーリーを公開してほしいという声もあります。明らかになったからといって観に行く人が減るとは思えませんし」