惜しくもベスト8進出は逃したものの、大きな感動を呼んだサッカーW杯。

「大会前の予想を裏切り、グループリーグは強豪国のドイツとスペインを破り1位で突破しました。決勝トーナメント1回戦ではクロアチアと対戦。前田大然選手が前半43分に先制ゴールを奪いましたが、後半10分に同点に追いつかれ、試合はPK戦にまでもつれこみましたが、あと1歩のところで敗退してしまいました」(スポーツ紙記者)

 格上2チームに勝利したことや、無料生中継をしていたAbemaでの本田圭佑の解説などで、日本中がサッカー日本代表に沸いた。

もちろんそれは著名人も同じこと。試合は5日24時からでしたが、SNS上で応援しながらリアルタイムで観戦していた人も多くいました」(同・スポーツ紙記者)

 その1人が、10月31日付でジャニーズ事務所を退社した滝沢秀明(40)だ。

「滝沢さんは、Twitterのプロフィール欄を使った“つぶやき”で試合を実況していました。大興奮の様子で、《いい感じいい感じ》《LIVEとかでギャーって思わず声出ちゃう気持ちわかった》などと40回ほど更新していましたよ」(WEBライター)

 もはや滝沢のお家芸とも言えるプロフィール欄の更新に、同じくプロフィール欄を使って反応をする人がいたそうで……。