万年モテないキャラだった安田大サーカス・クロちゃんに20歳年下恋人ができ、まさかの(!?)ハッピーエンドで終わったTBS系『水曜日のダウンタウン』の企画『モンスターラブ』。

 クロちゃんのことが好きだという9人の美女がクロちゃんと共同生活を送る中で、少しずつ脱落していき、残った者とカップル成立ーーという当初の設定はウソで、美女の中にはクロちゃんのことが好きでない者も混じっており、さらに回が進むと、“クロちゃんの選考”に残った者にはアイドルデビューが約束されているという裏設定が明かされた。

 最後まで残った美女3名でアイドルユニット『都内某所』が結成されるも、その中の1人『リチ』はクロちゃんのことが好きで、かつクロちゃんにも選ばれたため、『都内某所』を脱退し、クロちゃんと交際開始ーー、という驚きの結末だった。

 当然大いに話題をさらい、12月21日(水)に放送・配信された『水曜日のダウンタウン』のTver見逃し配信は、配信開始から5日間で再生数が200万回を突破したとのこと。

クロちゃんと交際開始したことを報告したリチ(本人ツイッターより)
クロちゃんと交際開始したことを報告したリチ(本人ツイッターより)

 今回の“ヒロイン”となったリチが名乗っていた「熊本PR大使」という肩書は公式にはなかったこと、また女性たちにアイドルデビューを“褒美”にしてクロちゃんを“誘惑”させるという企画内容など一部で物議も醸した『モンスターラブ』だったが、クロちゃんとリチが本気の交際をするなら応援したいものだ。

 ところでクロちゃんはもともと安田大サーカスというお笑いトリオの一員。ここには他に団長安田とHIROというメンバーもいるのは周知の通りだ。団長は比較的東京の地上波でも見かけるが、HIROの方はすっかりご無沙汰の印象だ。どうしているのだろうかーー。

「故郷の和歌山県に帰り、ご当地タレントとして活動しているようです」(スポーツ紙芸能記者)

 確かに彼のインスタグラムを見ると、レギュラーを持つ地元局の話題や和歌山のグルメ、レジャースポットの紹介がメーンとなっている。

 それより驚きなのはインスタで見る近影が一時期より激ヤセしていることだ。

 恰幅、顔についた肉はイメージの3分の2ほどに落ちた印象。