お笑いコンビ・ハライチとともにフジテレビの新しい“昼の顔”に就任した、フリーアナウンサーの神田愛花。

「1月9日から放送を開始した新番組『ぽかぽか』は、平日の昼間に生放送されている3時間にわたるバラエティー番組。前身の『ポップUP!』はわずか9か月間で終了したこともあって、今度はどんな番組なのかはもちろん、視聴率や評判も注目されています」(テレビ誌ライター)

 日替わりでゲストを迎えてのトークや、スタジオに観客を入れての生放送というスタイルから、かつて同局で長年放送されていた『笑っていいとも!』を思い起こす視聴者もいる。そんな新番組を支える神田について、テレビ業界からはこんな声が。

お笑い芸人のようなユーモアのあるコメントができるうえに、アナウンサーですから番組の仕切り役もできる。共演歴のあるダウンタウンの松本人志さんもベタ褒めしており、芸人さんたちは“怖いねー、仕事とられちゃうよ”と言っていました」(制作会社関係者)

バナナマン日村との夫婦仲

 まさに“芸人泣かせ”な神田だが、実際、彼女に泣かされている芸人といえば……。

バナナマン・日村勇紀
バナナマン・日村勇紀

「神田さんは2015年にお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀さんとの熱愛が報じられ、2018年に結婚。ふくよかな体形で知られる日村さんですが、最近は神田さんから“食事制限”を徹底されていて苦労しているみたい。神田さんに内緒でついつい“隠れ食い”することもあるそうです(笑)」(同・制作会社関係者)

 そんな日村との結婚が、神田にとってのターニングポイントだった。

「強烈な見た目から“モンスター芸人”と呼ばれた日村さんとの対比で“美女と野獣”なんて当初は言われましたが、結婚生活について語る神田さんの独特な感性が徐々にあらわに。“真実の口”をモチーフにした黄金のティッシュケースを自宅に置いていたり、日村さんのことを“ソウル”と呼ぶなど、キテレツなエピソードが満載です」(前出・テレビ誌ライター)