堺雅人が昨年末を持って所属事務所『田辺エージェンシー』を退所して独立したことが報じられた。28年──四半世紀以上も所属した事務所を離れることに、なぜ今と疑問に思う人もいるだろうが、ベテラン俳優が事務所を退所して独立するのは特に珍しい話でもなく、しかも円満退社ということで、報道が出ても大きな騒ぎにはならなかった。

 だが、事務所サイドから正式な発表はないままに公式サイトから堺のプロフィールページが削除されていたため、業界内では様々な憶測が飛んでいた。

 そんな矢先に『週刊新潮』が大手芸能事務所・田辺エージェンシーの田邊昭知社長を直撃。同誌の取材に田辺社長はこう答えている。

《“独立して会社をやりたい”と彼が言うので、どうぞ、と。それだけです》

芸能界のドンの影響力

 記事には堺が今年7月期にTBSの“日曜劇場”の枠(日曜9時)で放送されるドラマの主演に起用され、阿部寛と共演することが決まっているとも書かれている。記者による田邊氏への取材は続く。独立の理由について尋ねられると、語気を強めて、

《理由はわかんないよ。マネジメントを自分でやりたいと言うのだから、そういう人を引き留めてもうまくいくわけないじゃない。もう一緒に仕事なんてできないよ。自分でやりたいって言うのにさ、“君じゃダメ、僕じゃなきゃ”って誰が言えるんですか。(日曜劇場は)TBSと堺君で直接やってくれとなっていて、うちは関わっていません》

 そう語ったという。

 あくまでも記事から感じ取る田邊氏の口調だが、円満退社ではなかったように見えることから、業界内では堺の今後を不安視する声が出始めている。というのも、かねてから田邊氏は“芸能界のドン”、それも“ドン中のドン”と呼ばれているからだ。逆鱗に触れてしまったらタダで済むわけがないだろうと。彼のことを知る老舗芸能事務所の幹部はこう語る。

芸能プロの社長になる前はザ・スパイダースの“バンマス(バンドマスター)”。一癖も二癖もあるメンバーをまとめるのは一筋縄ではいかなかったそうで、若いころは血気盛んだった聞きます。さすがにあの歳(84歳)なので今は当然穏やかなんだと思いますが、現在も芸能界における影響力は相当なものです。何かにつけて田邊社長の名前が浮上するのを見てもよくわかるでしょう