1月18日、『文春オンライン』が北海道日本ハムファイターズ・山田遥楓選手(敬称略、以下同)の“続報”を打った。

 何でも、新シーズンに向けて福岡県内で自主トレーニングに励む山田が、同郷(佐賀県出身)の元HKT48・筒井莉子と“親密交際”をしているというもの。しかし、山田と筒井は互いに既婚で、子どもを持つパパとママ同士でーー。

 山田といえば、2022年11月に埼玉西武ライオンズからトレードで日ハムに加入した選手だが、前チーム内でのトラブルに“巻き込まれた”経緯がある。

 同年9月の『文春』によって、西武・源田壮亮キャプテンの妻で、元乃木坂46メンバーの衛藤美彩のSNSに誹謗中傷メッセージが送られ続けていたことが発覚。その“犯人”というのが、チームメイトだった山田の妻・A子さんだった。

 山田より6歳年上のA子さんもまた、キャンペンガールやローカル局のリポーターなどを経験した元タレントで、かねてより“スポーツ選手と結婚するのが夢”だったよう。そして入団して間もない19歳の山田と出会い、交際4年を経て結婚。

「奇しくも源田選手と衛藤さんも、彼らと同じ2019年に結婚して互いに第1子を授かっています。似た境遇にある両選手ですが、選手としての価値を示す年俸には大きな格差があった。

 加えて産後より、自身のインスタで“育児ノイローゼ”と思わせるような投稿もしていたA子さん。片やママになってもなお現役芸能人、インフルエンサーとして“キラキラSNS”を更新していた衛藤さんへの“逆恨み”が動機だったのかもしれません」(スポーツ紙・芸能デスク)

 A子さんによる“暴走”が報じられた後、あらためてインスタグラムで騒動の経緯を説明、事実内容を正すと共に《当該選手から野球を奪わないで欲しい》と、チームメイトの今後を案じた源田キャプテン。

 そんな気遣いもあってか、約2か月後に山田のトレードが発表されたのだった。

“別れたい?”に「うん、そうすね」

 冒頭の文春の直撃取材に対して、双方が交際関係を否定した山田と筒井。しかし、“奥さん(A子さん)とは別々の道に行きたいということ?”という質問に対しては、《うん、そうすね》と明確に“離婚”意思を示した山田。

「文春取材では、誹謗中傷騒動後にA子さんとは相当な“修羅場”があったことも匂わせていた山田選手。子煩悩として知られた彼が、息子さんとは離れることになったとしても、それ以上に“妻とは別れたい”気持ちが勝ったということでしょう。

 そんな思いが、年始挨拶で投稿されたメッセージに込められていたのかもしれません」